2019/08/30

葉月***むらさきのスカートの女

2019年8月28日(水)

238585492eae4a9789a950f393e9e981

 

毎回の芥川賞発表後の文春特別号はほとんど買っている。理由は直ぐに読んでみたいが単行本用は高いし.好きな作者かを判断する試読の意味合いがが一番の理由だ。好きな作風や作者だと、他の文庫作品も読みたくなるが、そうでないと一度きりの作者も多い。

前線の影響で雨がちな今日は、朝ランを回避して芥川賞の【むらさきのスカートの女】 を読むことにして、今日の足習いは夕方ランニングに決める。2時間ほどで読み終える。好きな作風でほかの作品も読もうと思う。

結局ず~と雨で。夕方新都心街2周の10k走って累計走行 342km。

| | コメント (0)

2007/03/31

藤沢周平

2007年3月29日(金)

このところ藤沢周平にはまっている。
そう、あの時代小説家の【藤沢周平】である。
以前は、時代物はなんとなく古臭い年寄りの読むものという概念があって、敬遠してきたが、
僕自身が年寄りになったのか、それとも良さが解ったからなのか、《蝉しぐれ》を読んでから、
「いい本だ!」とつぶやいた。
理由はわからないが、とにかく読み終えてからいい気分を味わうことができたのだ。
それからというもの、次々に藤沢文学を読み続けている。
「用心棒日月抄」「竹光始末」「橋ものがたり」・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (1)