« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020/01/31

睦月***マスクが無い!

2002年1月30日(木)

Edac6fb8d97548a1a3dea03e56a2f428 34197cb60fd5415c8dd2c68f2df28d96C9bf70f2ef9b48539b91b3bb5d086d6e

コロナウイルスとは表面に存在する突起が太陽の自由電子の散乱光のようなコロナのように見えるので名付けられた。

コロナウイルスの感染経路には「飛沫感染」と「接触感染」がある、と考えられており、感染者のくしゃみや咳をする時にツバの飛沫とともにウイルスが飛び散り、別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染してしまうことで、

接触感染とは、感染者がくしゃみや咳をする時に口を手で覆うなどして手がウイルスを含んだ唾液で汚染され、手で触れてモノの表面にウイルスが付き、別の人がそのモノに触ってウイルスが手に付着し、その手で顔に触ることで体内にウイルスが入り込むことである

特に多い接触感染の経路は例えば電車やバスのつり革、ドアノブ、各種スイッチ、コピー機のボタン、pcの電源スイッチやキーボードなどであるまた、買い物かごの取手等々 も経由して感染する可能性がある。

今回の新型コロナウイルスの感染予防はインフルエンザウイルスと同様の感染予防法が有効だと考えられている。つまり、手洗い粘膜を護るために湿度を5060%に保つことなど。咳や発熱などの症状のある人に近づかない。人混みの多い場所に行かない。ということも重要である。マスクの着用に関しては完全予防とはならず、予防を完全とするためにはN95マスクが必要である。Wikipedia 

そして久々のランニングはドラッグストア、スーパーなどの《はしごランニング》を決め込んだが、何処にもN95マスクどころか普通のマスクが無い!まるでこないだの懐中電灯、トイレットペーパー、を思い出すが、幸いに平時でも混み合う所が嫌いだから大した問題では無いようだ。

| | コメント (0)

睦月***標準的でいい

2020年1月28日(火)

24b2a41c250a4145b84055ae2ea44843

同居家人の子,オイラの孫たちのダブル受験が完了した。

本人達の志望校どおりで高三の男子は工業大学へ12月に早々に決めて、中三女子は先日決まりすべて良しでダブル受験が完了した。両親とも特に父親は熱心に子供たちと関わって学校見学会も同伴したくらいだ。予定通りで安心しただろう。いい両親だ。

オイラが3人娘の受験生の父親だった時はそこまで熱心じゃ無かったので大違いだ。母親がしつけの緩い公立嫌いで何故か皆んな私立女子高だった。それも難関でなくいわゆる単願というやつらしい。その後 短大、大学に進み今は三人とも夫と子を持ち,幸せそうに暮らしている。

長女は育児や家事が好きでその通り専業主婦になったが、次女は中学時分から勉強が嫌いだったが,なぜか介護系が好きで国家資格の理学療法士となり医院に勤務している。家政大学を出て絵や織物が好きだった三女は学生時代のアルバイト先に就職して結婚、育休後も復帰して仕事を続けており、長女も今では教育資格を活かしパート教師として小学校に勤務している【標準的】な共稼ぎ家庭だ。

とりあえず三人とも難解な受験戦争に参入することなく、分相応で【標準的】な受験と進学を終え、人生の伴侶と子を持った【標準的】な人生を得て現在に至ったことを幸せと思い、未だ次女の小学二年と三女の小学一年生らの子どもらの進路を見守って欲しいと願うばかりだ。

 

| | コメント (0)

2020/01/28

睦月***血圧は悪魔

2020年1月27日(月)

733d3fd8cf0d46579dd22310a3517455

寒い日の朝予約時間の10時に日赤に行く。徒歩で15分程だ新都心街なのでデッキの2階相当が正面入り口になる。

今日は患者で書類を抱えて総合受付に診察券、紹介状と申込みを書き書類をもらうのに待つ。呼ばれて3階の循環器内科の受付に提出すると問診表記入と血圧測定を指示されるので、記入後血圧を測るが180と異常値、しばらくして測るも160、何度やっても何時もの130〜140にならない。多分《病院高血圧》だろう、

先日の掛り付けのクリニックの血圧は看護師に測られたが170〜180とやはり異常値で一向に下がらないのだ。健康診断ではこんな高い数字にはならないが、今回は検査依頼で、無意識に緊張しているのだろう。口では平常心だと思ってるのだが、血圧は深層心理まで読んでる悪魔だ。

問診表提出して、受信表をもらうため待つ。診療室前の壁には待っている患者番号表示される。3人目だ。待つ。一人30分くらいか。待ち時間に血圧を測る、160〜170まだ高い異常値だ。1時間後やっと診察を受ける。面接の後、再エコーが今日は出来ないので、脳CT検査と負荷心肺検査することになった。

検査所に移動して、待つこと30分くらいか。もう昼時で空腹感があるが待つしかない。腕、足首血圧、5分間の階段上下の負荷の心肺検査と脳CTの順番待ちで30分。再び戻り順番待ちだ。10時〜13時半だ。3人目に最後の診察。「大変お待たせして申し訳ありません」と言われてこの医者も休憩無しなので恐縮する。

結果の説明を画像で説明を受け、今日の検査で気になった脳CTが特に異常が見られないとの事と、ここでの血液状態は50代〜60代ですから、大丈夫との結果でひと安心。後日の頸動脈エコーの再検査のあとで、判断しましょうと今日を終えた。

最後に血圧を測ると、140の何時もの結果だ。《脳異常なし》。血圧はやはり悪魔だ。

| | コメント (0)

睦月***神保町まで東京散歩で午前様

2020年1月24日(金)

5a3e3c8dab92415e9154b10e7f96194e

久しぶりの神保町で半世紀の腐れ縁のジジイ達と夕方から飲み会。

早めに家を出て東京散歩することにした。池袋駅で電車を降りて、明治通りを新宿に向かい鬼子母神、学習院付近の交差点下を過ぎようとしたらパイプベッドが置いてある。燃えないゴミかと通り過ぎると、「は〜ぁ?」何と男が布団を被って寝ているではないか。ベットは車輪があるので畳んでここへ持ってきたようだ。気持ち良さそうにグッスリ寝ている。若い女性が通っていく、びっくりするだろう。

東新宿から靖国通りを左折して四谷を通る。ここ出身の《エド》は今何処にいるのだっけ?。最近会ってないなぁ、市ヶ谷の防衛省入り口は大勢の係員が物々しく立っている。あの三島事件から何年経ったのだろう。道なりにいくと急階段の亀岡八幡宮があるのでお参りしていき、外堀の橋から見下ろせり釣り堀を見ながら靖国神社に入り30分ほど散策して九段下に降りて神保町だ。

仲間の店で合流して今日は魚でもと、小洒落た魚金で美味い魚と美味い日本酒を飲む。日本酒通二人が選定して8種類ほどの純米酒や大吟醸の地酒だ。近々日赤で検査だ。「酒はダメ!」と言われたら生きている意味はない。一合でいいのだから。その後【さぼうる】で水割り飲んで午前様だ。

| | コメント (0)

2020/01/23

睦月***月命日

2020年1月22日(水)

9399fcc4eefa45b8b45012295e29e27d

青葉園の隣に地続きのお寺がある。禅宗曹洞派、永泉寺である。樹木葬の幟をあちこちに立てて、来園者にアピールしてる寺だ。

小さな赤い涎掛けの地蔵菩薩が5体そして親子の地蔵菩薩が、よく見ると左手に抱えた子どもの首が無い!不吉。誰か居れば聞くのだが誰あれもいないので、先に進むと樹木葬の墓がある。1体80万、2体120万で永代供養、管理費不要とある。墓守が期待できない人にとってはいいかもしれない。

オイラの青葉園でも最近は墓守する身内が減り、ところどころの区割りになってる墓が空いてきている。ここはオイラの両親があてに出来ない息子の為に未だ生前だった50年前に権利を買い、墓石を建てたものでそれを受け継いだ。負担は年間5千円だけだ。自宅から約4キロの近さで今日もウオーキングがてらに月命日の線香をあげにやってきた。特に訳はなく義務感も無いけれど、2万強の墓石が並ぶここを歩いてると街より落ちつく空間だ。

それにしてもあの首無し子地蔵が気になる。

| | コメント (0)

睦月***薬が効いた!すごい医者だ。

2020年1月21日(火)

B0a2ac4b4e814e3485987bdc35828318

初めての(コレステロールを低下、血栓防止、それらを飲む事による胃を防ぐ)3種の薬を朝食後に何故か緊張して飲む。「これは水じゃなくちゃいけないのですか?」と家人に聞く。『子供じゃないんだから〜、水でいいよ』とあきれた調子で返事。

オイラは何つたって初めての薬なんだから、子供のように教えてほしいのだ。昨日もクリニックの会計で支払って家に戻ると、「薬貰わなかった?、隣のビルの薬局で処方箋を見せて買うのよ!」と言われて、再び出直して薬局で買ってきた次第だ。

飲み慣れてないので、効きすぎる気がして少々怖い。薬のアレルギーはと聞かれてもよく分からないまま、各一錠を一気に飲んで身体の変化を気にする様子を見た家人が「薬飲んで直ぐには効かないから気にしない方がいいよ」と。

そうして数時間後に、家人と一緒に外へ出ると、いつもと違う変化がある。効いてきたようでおでこのモヤモヤが無いスッキリしてる。「薬、すごいよ!効いてきた。あの医者は天才だ!的確なクスリを出してくれた。頸動脈の血流がどんどん脳に流れて、モヤモヤが取れたみたいだ」

「嬉しいね、クリニックに寄ってあの医者に礼を言おうか?」『医者なんだから当たり前だよ、わざわざいいと思うよ』

| | コメント (0)

2020/01/22

睦月***血管年齢85歳

2020年1月20日(月)

7ee583d2e77d4c7ebc573870513a1e4a

上気せるほど温まって浴槽で立ち上がるとクラクラと目眩、しばしそのまま手摺りを掴む。小窓を開け寒気で深呼吸し徐々に復活した。

調べたら脳の血液が立ち上がった時に一気に下がって血液が無くなり、目眩が生じた現象らしいことが分かり、以降は一気をやめて徐々に立ち上がるようにして回避した。でも以前はそうならなかったのに、加齢か?。

それでもこの冬外気の中の   ウオーキングやジョギング中におでこの中つまり脳の前が《ぼおっ〜と》したり、見上げるような植木の剪定を続けて脳貧血みたいな症状があったりすると、別居家人の一人に伝えると、その後、同居家人に伝わり、強制的に近くの医院の受診を受ける事になった。

上記の症状を伝え、頸動脈の超音波検査、体全体の血圧検査を受けて、その画像を前に説明を聞く事になった。初めての頸動脈エコーが何を意味するのかまったく分からないが、首の両側の頸動脈の画像を丁寧に説明してくれる。

右側の動脈の流れにはあまり問題は無いが、左側の流れの脳へ行く「ここの流れが細くなってて、その理由がプラークと呼ばれる動脈硬化になってます」と。つまり右側が問題が無いのでとりあえずは自覚症状も出てないけど、放置してといわゆる脳梗塞で死に至ると脅された。結論は日赤病院でその後の処置を受ける事になり、コレステロールを低下、血栓防止、それらを飲む事による胃を防ぐ3種の薬を貰い家に戻る。

「どうだった?、エッ85歳?、アタシは年齢どおりの72歳。」と勝ち誇ったように続ける

「偉そうに、オイラは薬要らず医者要らずって言ってたの、お酒がいけないのよ〜量は飲まなくたって毎日何かビール、ジン、ウオッカ、スコッチ、バーボン、ワイン、日本酒、なんでもありなんだから」と逆襲だ。

『たいした量じゃなければ、毎日飲んだって問題ない、滋養だから』と言うも。

「そう言うの屁理屈といいます〜」  なんとなくその晩はアルコールを絶ったオイラ。

| | コメント (0)

2020/01/21

睦月***兜太

2020年1月19日(日)

91dc63eeb1c14905ad7e2103bcf6cd93

今朝の朝刊に--俳人兜太の「現役大往生」--世俗の務めを終え自由に生きる放浪を心におく「第二の人生」の送り方--とある。

まさに興味あるタイトルだ。名前だけは埼玉の秩父の俳人で、日本銀行勤めして、98歳で亡くなったと言う事は知っている。といっても良くは知らない。記事を読むうちに興味が出てきたので、20分ほど先の図書館に出かける事にした。

前回、陶淵明の漢詩を借りた時から最新の設備があり、家からも近いし、気に入った図書館だ。日曜日で混雑していたが、目的の【金子兜太】関連は数冊のみだったが、幸いに空席があったので、持ち帰らずそこで読む事にした。

・暗黒や関東平野に火事一つ  ・冬眠の蝮のほかは寝息なし ・燕帰るわたしも帰る並の家 ・夏の山国母いてわれを与太という・痛風は青梅雨に棲む悪党なり ・よく眠る夢の枯野が青むまで・長寿の母うんこのようにわれを産みぬ・脳天や雨がとび込む水の音

95歳の句が   ・死と言わず他界と言いて初霞 ・われ老いて多感多想や寝正月

98歳没年の句が ・陽の柔わら歩ききれない遠い家・河より掛け声さすらいの終わるその日

俳諧の底に流れるさすらう漂泊の思いは放浪する行為ではなく心の動きだと言い《定住漂白》に秩父の入り口の熊谷に居を定めた社会派俳人だ。滑稽、諷刺、慈愛にあり親しみ深い、小林一茶に通じるようだ。もっと読んでみよう。

| | コメント (0)

2020/01/18

睦月***見沼散歩20k

2020年1月17日(金)

 

D4d0f2be26d5406f8fce125dd604fb5a

猫庭からの空は真っ青で、ヒノキの小枝が揺れている。

「寒そうだなぁ」と呟きながら、冬用のスパッツを履き、adidasのロングパンツを重ね着する。上はヒートテックとロングTシャツにadidasのジャージを、その上にライトダウンジャケットとネックウオーマー、加えてGPS測定用ウオッチとスマホ音楽用イアホンを両耳に挿して日経新聞とiPadを入れた黒のディバックを背負って家を出る。時間は11時だ。

すぐの南北に走ってる国道に出ると「寒っ!」、思わずネックウオーマーで顔の半分を覆う。北に向かってせめて日当たりのいい右側の歩道を歩く。トップスは問題ないが、下半身がスパッツとランパンツなので歩くには寒い。とりあえずの目的地は2キロ先のロジャースで、《ジン》とそのの割材のライムジュースをそして卵酢用の果実酢を買いディバックに入れステラタウンに向かう。

ステラタウンでランチ用のパンと飲料を買い、土呂から見沼田んぼに向かう。風が収まり身体が燃えてきたので、adidasのジャージを脱ぎ、市民公園に向かうと、冬枯れ景色に真っ黄色の【蝋梅】が目に飛び込んだ。

F54897f95d7f463999002bbe1a2c63ecE432f0ef39034faca0809c2cafbb7c0f1197d49dedd3422d9021f185e71b8e0c

春を見つけた!嬉しい。公園からの見沼田んぼのほとんどはまだ枯れ色ばかり。見沼用水西縁を南へ進み《とうせんぼ》の東武線を迂回して再び見沼へ大和田公園だ。大雨のための調整池には形だけ残したメタセコイアが骸骨になっている。盆地状の底は太陽を浴びた雑草が芽を噴いている。ならばと第二公園上に上がり梅園の様子を見に行くと、早咲きの紅梅が花を付けていた。まだ満開は先だ。

園内から国道を越えて南の第三運動公園では保育園児がたこ揚げではしゃいでる。走りたくなったが今日は重いザックなので東京湾まで流れる芝川の土手に出てさいたま新都心下まで向かう。

眼下の芝川から音がして餌取りのカワセミを発見。新都心街南で小休止して街区のデッキからアリーナに向かうとアニメのグッズファンで溢れていて、90%の男子だらけだ。もうジジィなので理解できないが、二次元がそんなにいいのか?まだまだ勉強が足らない。

 

| | コメント (0)

2020/01/16

睦月***新年会

2020年1月14日(火)

A1a2c6a6e63d44aba0a5f8618616c469

山形、長野、島根、九州、そして埼玉県出身者での新年の大宮会だ。

全国に事業所があったので転勤の先々で独り身が二人身になり、出身地を捨て首都圏に住むようになったのが過半だ。少数派のオイラは入社当初敢えて雪国に希望して家族が出来て首都圏に帰ってきたパターンなので、地方出身者から羨ましがられたものだ。雪国育ちの家人に問うと帰りたくないと言う。オイラには楽しい雪国も、育った家人は雪が大嫌いと言う。

いつものメンバーの二人が体調不良で欠席した。25〜30年勤務した会社の関わりなので、後期高齢者を含む大爺や大婆たちの話題も、だれが死んだとか、脳梗塞になったとか、血圧が高いとかたわいも無い話しに終始して数時間過ごしてお開きになった。以前は二次会のカラオケも、このところは大人しく一次会だけで家路に着くようになった。やっぱそんな元気は失せたか。

| | コメント (0)

2020/01/15

睦月***明治神宮成人式のあと

2020年1月13日(月)🎌

6033866ae42c4cfc90353d97c7c5d54f

振袖だらけのさいたま新都心に来て、今日が《成人の日》だと言うことが分かった。いつから15日ではなくなったのだろう。

さいたまスーパーアリーナの成人式出席者はさいたま市の1万3千人対象者の事前登録者で7、8割りが参加するそうだ。さいたま新都心駅前からけやき広場そしてスーパーアリーナ周辺はごった返していた。女子は大半が着物だ。

オイラは高校〜大学は東京に通ってたので、地元の同級生とは疎遠のままだったので、1967年1月15日の成人の日は大学の友人たちと《明治神宮》にお参りして、原宿のパーラーだったかレストランだったかよく覚えてないが、仲間たちと過ごした記憶がある。

当時はアイビーファッションが全盛期で、【VAN】の会社もそばにあった。遊び場も原宿や六本木が盛んで踊りに誘われた。音楽もビートルズ定番で、ベンチャーズのテケテケや、R&Bのオーティスレディング、モンキーダンス、遊びは夏はサーフィン冬はスキーだ。学生生活全開だった20歳だ。

その翌年の1968年頃から、水道橋、お茶の水界隈の学園入り口に立て看板が増えてきた。何を怒ってるのだろう彼らはと思いそれまでの遊び呆けるのを本読みに変えて、マルクス、ニーチェ、トロッキー、大江健三郎などを読みながら、反帝、反米、反安保のゲバ文字の意味を少しずつ理解していった。

全共闘の活動が激しくなり、後半にはサークル室へ行くことも容易でなくなり、全学のサークルでは自治会支援の意思決定の議論が交わされたが、白山通りやお茶の水通りがカルティエラタン化していった。他学部の友人はヘルメットを被りゲバ棒を掲げ立て篭もった。

それからその友人は紛争収束後に振り上げた手を下ろせずに大学を中退し、熱りが覚めた数年後にサラリーマンとなり、成人後52年の現在はリタイアして隔月くらいに会っている。子どもが成長していく過程の反抗期に似ている気がする。近隣では韓国も、中国もそんな時期があったけど、今はどう?幸せになったのかなぁ。

 

| | コメント (0)

2020/01/11

睦月***夕陽

2019年1月11日(土)

A0f60bde06694835bd65b65e0e74ddd8

気持ちがいい穏やかな夕方のランニングは大宮公園だ。園内には西陽が当り始め、急いで林の上に向かう。何故か夕陽が好きだ。ボート池上の林の間から夕陽が沈んでいく様をじっと見つめる。日の出より好きかも・・・。

長く賑やかだった正月も終わったのでなんとなく休息日のように静かな感がする三連休だ。定番のランニングコースの新都心街の混雑ぶりも落ち着いて、ひと数も少ないようだ。モール内では洋服店では少ない客に可愛い女子たちが声を枯らして「ついてる値段からさらに20%オフですよ〜」と呼びかけているが、反応は今ひとつだ。

入り口近くのジーンズ屋も撤退してウインドーが幕で覆われている。昨日Amazonで注文したランニングシューズが届いた。このモールより2000円安かった!。小売店も厳しいよね。

| | コメント (0)

2020/01/10

睦月***新宿まで31k

2020年1月9日(木)

993327fe88e1425cb14ae695896d68f7 14b1b9cfe8a4484da00fd148f516c49c

久しぶりの終日好天気の予報の今日は、遠出のウオーク&ランを決めて奥多摩の山でもと思ったが、こないだの荒天でトレイルが悪そうなのであきらめた。

ならば荒川ぞいを東京湾までか、こないだも行った中山道を板橋、巣鴨、本郷から神田お江戸日本橋までにするか、思案したが結局は郊外コースは強が強そうなので結局とりあえずは中山道を板橋を目指すことにした。

今日の足習いは《 walk don't run  走らないで歩こう!》を前提に30キロを5時間を目安にスタートした。さいたまから県境の戸田橋まで15kだから、ピストンして戻るか東京に向かうか迷ったが、戸田橋から見た富士山を眺めてるうち先に行くことに決め、中山道板橋宿から滝野川をとおり、明治通りを池袋に向かうことにした。

久しぶりの明治通りも以前より変わって池袋駅周辺も以前の景色が変わって田舎もんのようにキョロキョロと知ってるランドマークを探すうちに鬼子母神横に出た。やっと落ち着いた明治通りに出ると都電荒川線と並行の下り坂が妙に懐かしい。高戸橋の交差点で早稲田駅から来た電車が右折して行く。

高田馬場付近のだら坂をこえた付近でロジャースを発見、アクエリアスを買い小休止、28キロだ。東新宿からは人通りが駅方面に歌舞伎町を、区役所を過ぎて新宿三丁目でやっと中心部に着く。目標通り31kゴールの新宿駅前だ。くしくも日本橋と同距離だ。疲れてないがJR埼京線で帰路に着く。往路31キロ5時間復路はJRで30分だ。いい長い散歩だった。

| | コメント (0)

2020/01/08

睦月***やっと氷川さまに

2020年1月6日(月)

Ff8ffbbfec0e408a953ff6fd1324d9ea

単身赴任者の《むこ殿》が昨日帰っていき、正月も今日で終わりなので、家人の初詣に付いていった。

人出が220万人の全国屈指の氷川神社はあまりの混雑で三が日は行けない。今日は屋台も減りちょうどいい混み具合だ。地元らしきの爺婆が多く、加えて今日から仕事始めのネクタイ族が多く、帰りの参道ではそれ狙いの屋台食堂で、ビールを飲んでいる姿を多く見受けれられた。

さあて令和2年はどうですかねえ。母親は丈夫だったがあっという間に73歳で鬼籍に入った。オイラも今年12月で同じ年になるので今年いっぱいは何とか生かして欲しいと祈願した。

| | コメント (0)

2020/01/05

睦月***相手はハピー

2020年1月4日(土)

Ced6b88571684ca695413c529fcc1270 8fc54d6bb3124b1da943762512a20c1d

年始に青葉園に墓参りランニングしたあと近くに住む83歳の義叔母とハピーを訪ねる。

独居なので正月だからと何の設えはしないいつもの月命日の4日だ。居間の椅子からハピーが訪問客のオイラを見てる。仏間に入り線香をあげる様子を見てるようだ。最近は逃げない。

一昨年の8月のお盆からの月命日の訪問だから17回目になり、ハピーも年に一度1月2日だけの大勢の身内の訪問者よりもオイラを身近に感じてるような気がする。最近のハピーはいつも居間のテーブルか椅子にいる。数ヶ月前からはオイラの前から離れず叔母とオイラの会話を聴いてるようだ。

おでこから頭を指でなぞると気持ち良さそうだ。ハピーもそんな触られ方が気に入ったか知らぬ間にオイラの椅子の後ろの隙間に居ることもしばしばだ。暖かいのだろう。可愛いね!会話の邪魔はしないし、静かだし、猫カフェのようだ。

2時間ほど他愛もない会話をしてる間に、猫鍋ならぬ猫椅子のハピーが居た。毎日の叔母の相手はいつもハピーとテレビ、と月に一度のオイラだそうだ。

| | コメント (0)

2020/01/03

睦月***初詣は今度に

2020年1月2日(木)

76dcfb14685440cab161d6e7c6245a54 6066025bb6644228a859292586691b9a 73762a92fd874b379ec948c4bcdd67bd

昨日の元旦の夜は4家族12人が集まり、4家族の長である男たちだけの円卓では酒肴を潤滑油に身内話に花を咲かせ、婆と三姉妹たちは育児話や亭主話に、大きい孫たちは早々にお年玉をゲットして直ぐに部屋に引き籠り、一人っ子の小さい孫たちは学童慣れの様子で空いてる部屋を見つけて遊んで楽しい家族全員集合の元旦になった。

令和二年二日目も朝からいい天気になり、ガラス越しの太陽が部屋中を暖めて半袖でもいいくらいだ。午後からいつものようにランニングスタイルで大混雑が予測される氷川神社参道を避けて、裏道から大宮公園に向かい先ずは公園内にある埼玉県出身の戦没者を祀る《護国神社》に向かう。主祭神が戦没者なので訪れる人も今では少なく一組が神主からお祓いを受けていた。

ボート池を廻り込み歴史博物館前で、珍しい獅子舞と子供の姿を見る。さらに公園広場では初詣を終えた家続相手に猿回しの大道芸が人を集めていた。やはり動物ものは強いね。本番の氷川神社は長蛇の列で入場規制だったのであきらめることにした。かたわらでは小さな子供がおみくじを枝に着けている。氷川神社の初もうではまた今度にしよう。地元の強みだ。

| | コメント (0)

2020/01/02

睦月***令和2年初!!

2020年1月1日(水)

313eca3c7a3a40629cec0993c99e0417 0b6110334ecf43a88d2da19ed036484d 400098c468d447059f1ed53a0be36b59

令和二年の 初《足習い》に朝まだ暗い6時半に家を出る。

寒いので走る!日の出時間は6:52分なのでまだ少々時間はあるが走りながら東の空が見える最上地点は新都心のどこだろうかと思案する。日の出前だが次第に明るくなってきたころさいたまスーパーアリーナ下に着く。階段を駆け登り最上階に出ると東の空が赤く染まってきているが未だ日の出には10分ほどだ。

それでもいつもの筑波山が遠景に望める初めての日の出前の眺望に感動する。ちょうど下には初詣に向かう電車がカタカタと音を鳴らして東京に向かってる。日の出方向はもっともっと右だ、5分しか無いのでアリーナから南端へ繋がるデッキを走る。走る。走る。

あと2分だ。人が集まっている。おそらくここが日の出スポットらしい。みんなが向いてる方向には雲が掛かってる。寒い寒いが時間はあと1分だ。我慢しながら身体を動かしながら待つ・・・が日の出時刻なのに太陽が上がってこない、ビルとビルの間が染まってきた、きた、きたけれども期待したくっきりとした日の出じゃない。少しずつ人が減っていた。ここまでか? 

寒すぎて全速力で走り、瞬間的に身体を燃やすもなかなか燃えてこない、速度を上げてもっと走るアリーに戻り階段を全速力で駆け上がる、駆け上がる、少し身体があったまってきた。西に回って富士山を探す。いた〜白い初富士だ。思わず手を合わせてよろしくお願い申し上げます。と呟いた。

 

| | コメント (0)

睦月***新年

2020年1月1日(水)

91fa2a4354344656a61a9730818ed6e7

『若い時は二度とは来ないし 1日に二度目の朝はない せいぜい楽しもう 時というものは待ってくれない』

 陶淵明 人生無根帯

| | コメント (0)

師走***大晦日

2019年12月31日(火)

9ac9f23b913442b380384aea0dc60874

大晦日の氷川神社は年始の準備に追われていた。

一の鳥居から二の鳥居そして三の鳥居を越えて神社までの2キロの参道もすでに屋台が営業を始めており、忙しない大晦日のムードが高まってきていた。そんななか 家に戻るとせっせとおせち料理を仕込んでいる家人の母子たちも居て、やはり忙しい大晦日になっている。あ〜ほんとに最後の日なんだ!

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »