« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020/04/30

卯月***晦日は初夏

2020年4月30日(木)

2b826483c5f040af9a77d10056aad545

与野氷川神社境内の苧環(オダマキ)が綺麗。

初夏の陽気になったので、運動不足の家人を誘ってコロナ収束祈願に神社を梯子ウオーキングする。旧与野市(中央区)の中心部の七福神が集まる本町を散策して、新中心部の新都心街のさいたまけやき広場で、三時を摂る。

心地よい風が広場のけやきに流れて、ゆっくりした時を過ごす。平日で密でないちょうど良い空間が三時休憩にもってこいだ。

明日から皐月だ。今日の祈願が届けばいいなぁ。

| | コメント (0)

卯月***昭和の日で300k達成

2020年4月29日(水)🎌昭和の日

75267a6e93b748e18cfab24425146db3

昭和【天皇誕生日】から崩御後に【みどりの日】に代わり、2007年から【昭和の日】になったので、結構知られていないし、マスコミ報道もほとんど無い休日だ。

自己申告マラソン大会4月度はあと2日、300km到達に20kを残すのみだ。昼食後2時間空けた2時過ぎに《半袖短パン》姿でバイパスに向かう。休日の東京の公園が【密状態】で、マラソンも《マスク推奨》の報道があり、オイラもポッケに入れて走り出す。

街には行くな、健康的な運動はいいが、密の公園はマスクしろ、と言う。どうして混んでない所へ行かないのか不思議だ。散歩やジョギングするなら、公園は小さな子どもたちに明け渡して、郊外の街散歩や街ランすればいいのに。オイラのバイパスコースは人と会わないのでマスクはしない。

今日まで営業のパチンコ屋ビルではマスク装着でトイレタイム、店内はめちゃくちゃ混んでる密密密だ。明日から休業すると言う。折り返して2時間半、20k走破し、1日残して300km達成した。

| | コメント (0)

卯月***二世帯全員集合

2020年4月29日(水)

F3c7f21d7dec447091970948337e6c40

* 世界各国・地域の新型コロナ感染者数(死者数) --4月28日午後4時現在発表

エリア 感染者数(人)  死者数(人) %
世界全体 304万2444 21万1216 6.9
日本 1万3614 385 2.8
   東京都  4059 108 2.6
埼玉県 832 30 3.6

まだまだ収束の気配は無い中、単身赴任先の茨城県から軽自動車を3時間かけて今朝、数週間ぶりに《マスオさん》が元気そうに帰ってきた。「お疲れ!」彼らの外出禁止【StayhomeのGW】の始まりだ。

何はともあれ、全員集合になった。

 

| | コメント (0)

2020/04/28

卯月***結婚はがき

2020年4月27日(月)

5eb28df952b041d598b731cf5e67d59b

ポストに一枚の結婚報告のはがき。

差出人に覚えがない北陸の《タ◯◯シ》だが、あて名は間違っていなくオイラと家人宛だ。「だれっ、こんなのが来たよ!」と、正装した男女二人とドレスを着た女性と手をつないだ小さな女の子が写ってる。じ〜っと写真を見ると、新婦が手を繋いでる子を見て思い出した。義姪(ぎてつ)の子だ。

北陸のパン屋の長女として育った義姪はユニークで、駅弁大学経済学部を卒業のあと、実家のパン屋は継がずに何故か仲居業に憧れ旅館に勤めたりして、のちに知り合った伯剌西爾人を好きになり結婚をせずたしか,《Rion》という子を産み、実家のパン屋を手伝っていた。

初めて会ったのは義弟の葬式で、《Rion 》は外国人とのハーフで髪の毛が少々茶色で可愛かった。《Rion 》は今年で6歳になるはずだ。そしてその後は知らず仕舞いだったが、噂では今付き合ってる男と結婚するかもしれないとの情報があり、今回の正式な結婚報告はがきとなったらしい。

それにしても、コロナ騒ぎの中で、結婚式を挙げたようだ。幸せになってほしいと願うばかりだ。

 

| | コメント (0)

卯月***もう48か?

2020年4月27日(月)

8d7a9310629b48938da06406a822ae68

昭和47年の4月の今日可愛い女の子が金沢市で生まれた。父親は社会人2年目の23歳の父親だった。

金沢で9歳の時に白山に登ったあと、父親の仕事で東京に異動して実家のさいたま市に住む事になり、その後小学校、中学校と同じ学校を卒業し、短大卒業後に、医療関係や教育委員会の仕事で小学校の職場を経て希望する専業主婦になり、自身の2人の子も同じ小中学校を卒業し、オイラと二代目と三代目が同じ小中学校となった。

そして今日、コロナ真っ盛りの春の今、高1、大学1年の鬼母として、48年の誕生日を迎えた。

| | コメント (0)

2020/04/27

卯月***密無い自然で


2020年4月26日(日)

B12724618b9c4a59b58d3406fc9c6e31 9cf3f9b7b64a4420bdeebe190d840c87

ステイホームが叫ばれ、ストレス解消にと海や公園が【密】になり、早速規制が出て公共の駐車場がこの週末閉鎖になった。

オイラは、コースを駅から放射状に伸びた田園やバイパスを選んで、走ってるので、以前から集まる公園には立ち寄らずに遠巻きに走ることにしているので、運動不足のストレスも無く、今月も300キロは達成できそうだ。

小さな子を持つ親は大変かも、親がストレスになっている様だ。我が家も婆が《孫の昼準備》が増えて、以前は買い物ついでの駅前カフェでのいっ時の楽しみが奪われて、溜まっている様だ。

土曜日は小夏の陽気で、芝川土手の菜の花ランニング、日曜日はいま旬のネモフィラを楽しむストレスの無いいつもの生活を享受している。

| | コメント (0)

卯月***食生活

2020年4月24日(金)

Bdb85a0856774a3e944cb650d77ddd0f8ed59ab476964ed092a4dd075f5d8509

薬を飲み始めて3日ヶ月、コレストロールを下げ、血の流れを良くする薬を処方してもらう月一度の受診日だ。

自覚症状は無いので、薬が効いてるのか良くわからないが、頚動脈が硬化してこのプラークが血管の6割を塞いでるのは間違いないので薬剤はやむを得ないと思っている。

手術で除去をせず薬剤や食生活でこのプラークたる物を少しずつ溶かす事ができて、血管を5割に減らしたいと思い、食生活ルーティーンを変えた。

① 朝食に血圧対応に*1【酢卵】をヨーグルトに混ぜ、血管にプラークが付きにくくする*2【皮付リンゴ】② 夕食にはプラークの成分の血栓溶解剤として*3【納豆】を毎日摂っている。

*1【酢卵】の血圧効果は大で、1月下旬の朝平均/週は141/90、夜平均/週は121/71が、4/中旬は朝128/82、夜113/71に改善した。(血圧降下剤は以前から飲んでいない。) *2【皮付リンゴ】と*3【納豆】の効果は半年後の頸動脈エコーでの検証予定。

| | コメント (0)

2020/04/25

卯月***髭剃る

2020年4月23日(木)

81901f2f61d448f39bf0520399e0e9b8

5時に起床する。

今ではもう明るいはずだが、静かに部屋を出てLDKの明かりと暖房を点けて、洗面所に行き顔を洗い、冷たかった水がお湯になり、溜める。横に置いてあるハンドソープを左手に受けて髭をまさぐるように付けて、漬けて置いたもう半年も替えてないカミソリで剃っていく。

上から縦に下から上に、左から横に右から左に、顎下を喉から顎へ左右も同様に剃る。左手で剃り跡を確かめながら《ジョリジョリ》と強めに剃っていく。以前数か月おきに刃を替えたら切れすぎて血だらけになったので、替えるのを止めた、このくらいがちょうどいい。

さっぱりした。約束の一週間だが、1か月放置したらどうなっていたのだろう。自力で髭剃りはできるが、だが、だいぶ伸びてきた髪はどうなるのだろう。休業が続くお気に入りの【QBハウス】は当面の間としてるが、今のところ無理だろう。せっかくだから《ロン毛》はどうだろうか?若い頃パーマをかけたことがあるが、《ロン毛》は未経験なので、冥途の土産にやってみっか?

| | コメント (0)

2020/04/23

卯月***不評

2020年4月22日(水)

D64c8520af4942fba57d1ce49a3cf0a9A06d100f05be4e58b7d2a26cdc20fb9a04cbefae6c4a40a884ecc96d6cc8fe9b

ルーティーンの髭剃り止めて一週間経った。

2日目から家人に「汚らしい」「ホームレスみたい」「似合わない!」と毎日言い続けられた。改めて見ると確かに「汚らしい」が、外出時はマスク面で髭が覆われるので、もうしばらくはこのままでもいいかなぁ。

許されなかった。今わが家は男2人女3人で、大学生の男子は寡黙を絵にかいた様な草食男子で、高1の陸上女子は真逆の口から生まれた様な子で「やめて!みっともない」と、その母親のわが娘は「ひげ顔だともっとお爺ちゃんになる」といい、その母親のわが妻は「ホームレスみたいだから剃って!」というので、1週間経ったら剃ると約束させられたのだ。

| | コメント (0)

2020/04/22

卯月***菜花とリラの花20k

2020年4月21日(火)

Bb288acb76764dddb3ef260a5a61423e 7817660f971c418eb1a5b15c66b3b827

午後、母フミエさんの月命日がてらに4キロ先の《青葉園》に墓参した。

供花と線香を買い求めて霊園に入ると、このところの高温で綺麗な藤が棚に咲きほこっていた。広大な霊園のだいぶ奥にある墓に向かう。墓に着き、線香を焚き、花を供えていつもより長い時間手を合わせる。今回はコロナ禍がファミリーに及ばないことに加え、国内の終息、更に世界的な終息を祈願した。

終日の雨で休足になった昨日の埋め合わせするつもりで、20kをめどに青葉園から川越線の荒川土手に向かい大回りすることにした。運動公園を南へ走り、治水橋下を横切ると、こないだの暴風雨でネットフェンスがなぎ倒されている。

誰とも行き交わないが、河川敷ゴルフコースではゴルファーが一組楽しんでる。菜の花が咲く土手に上がると小さな鷹がホバリングしている。おそらくネズミとか小動物を狙ってるのだろう。畑に水が張られ田植えの準備が始まった。

いつもの浄水場まで来ると、散歩する家族がちらほらと支流の川べりにシートを敷いて、子どもたちを遊ばせている。ふと見るとライラック(リラ)が咲いていた。

家に戻る道々のあちこちの公園では、ステイホームに飽きた子どもたちが、思い思いに遊んでる。飽きるよなぁ!

| | コメント (0)

2020/04/21

卯月***長い雨の日

2020年4月20日(月)

Img_6007

今日も終日の雨予報が当たった。

二十日間のうちに二度目の休足日で、昨日までの走行距離は185キロでほぼ予定通りの《足習い》なので、いい具合の雨の日だ。晴の日だと宿題をやり残した感があるが、今日はその思いは無く、雨を楽しもうと思う。

音楽を流しながら鉛色の空と窓から見える猫庭の、シマトネリコの葉が雨に打たれて風に揺れてる様子をただじっと眺めるのが大好きだ。とにかく音楽は欠かせない。

いつもはpcを開いてインターネットラジオで朝はクラシックを流して新聞を読み、午後はpopを、夕方からはjazzが基本パターンだが、今日はyoutebeでliveを観ることにし、ZARD,オフコース,松田聖子ライブで5時間観賞した。

坂井泉水のZARDは聞いたこともない曲もあり、40歳で逝ってしまったこともあり、じっくり楽しむことが出来たし、オフコースはかつての出張先も担当者の車でよく流れていて、当時の思い出が蘇った。そして松田聖子の歌は今の歌と違ってすぐに口ずさめるので好きだ。

音楽に全く興味の無い家人が部屋に来て、なんでこんな古い歌聴いてるの?と不思議そうに聞く。

男は思い出に泣くが、女は思い出を捨ててしまう生き物だ。 いい雨の日だった。

| | コメント (0)

2020/04/20

卯月***誰もいない

2020年4月19日(日)

5351e5d2956f4eceb7726a8120ecae1cF153a3ea19404433b553e5a1b79e73e3

うちのそばの霧敷川沿いの道路はハナミズキが満開になった。

200mほどのワンブロックがハナミズキ通りになって、この時期は用も無いのに散歩するコースになっているが、今年は誰もいない。そんな状況を知ってオイラはあえてルーティーンのランニングコースのバイパスにつながるこの道をアップしながら楽しんでいる。

新型コロナウイルス感染者が日本で初めて出た1月24日はまだ冬景色の茶色の世界で梅がちらほら咲き出し。その2ヶ月後の3月には桜が満開となり、そして現在はハナミズキに、足元には真っ赤なサツキとカラフルなツツジが咲き出して変わらない景色が流れている。

人間の世界ではまだまだ出口の無いトンネルに明かりは見えないまま、感染者は4月18日で1万人に増えてしまった。このまま増え続けて人類が滅亡してしまったら、どうなるんだろう。ペットや動物園の動物の感染もあるという。

そしてどこにも誰もいなくなった❗️  おー怖っ!

| | コメント (0)

2020/04/19

卯月***晴走雨読

2020年4月18日(土)

E026b2f491c74710bc6412451ef9374f

太陽の無いこんな日は。《ステイホーム》にはうってつけだ。風速6mの暴風雨は朝の4時から夕方4時まで吹き荒れた。

大学生男子と、婆は手造りマスクの製作で時間潰し、休足の陸上高校生女子は、暇すぎて疲れると言いながら、母とTV三昧。そしてオイラはデスク回りの本を整理がてらに読書も長い長い続いた雨もやっと上がり、台風一過のようなやかな夕方になった。

幸い婆は、その後喉の違和感も治まり、発熱も無く味覚障害も無く、スーパーの買い物での濃厚接触者も無いので、ただの花粉症との結論で隔離解消した。

| | コメント (0)

2020/04/18

卯月***婆が感染?

2020年4月17日(金)

D147e119accc4909b2fbe3d2fda5482c

ヒゲ面2日目だ。たった2日なのにこんな感じ。

朝、「喉に違和感が!」と婆が言う。花粉症のクスリを飲んでいるが、コロナか!花粉症か?。彼女は毎日午前中に近くのスーパーに食材の買出しに行く。アルコール消毒し、無論マスクは装着してるので、大丈夫だと思うが、一応、隔離する。熱は平熱だ。

もっとも、婆が感染しているとしたら、夕食は5人一緒に摂っているので我々4人も感染者になってる可能性があるだろう。朝食、昼食は隔離部屋で摂って、共有のリビングは入室禁止にした。

夕方、オイラはいつもの人の少ないバイパス道路のランニング10kmで、帰宅、「熱は大丈夫?」『大丈夫ですよ』。朝から夕方まで 1時間毎に熱を測るも、平熱のままで、花粉症だろうと判断して、いつも通り皆んなで夕食を摂ることにした。

明日、発熱しなければいいけどー。東京の感染者は200人越えらしい。

 

| | コメント (0)

2020/04/16

卯月***QBハウス

2020年4月15日(水)

B183b53d778d4fe6a5d844b62f6dd775

15日の今日は待ちに待った年金振込日だ。

朝の9時、急ぎ足で5分の武蔵野銀行のATMはいつも空いているが、早起きの爺婆たちも年金日を知ってる筈なので、今日だけは3機とも埋まってるかも知れないと思ったが。2機が空いていた。

特別引き落としするわけじゃないが、あるべき数字の確認と記帳して、5分先の駅前の【QBハウス】で散髪しようと入店先のビルに着く。休業要請外の理美容は営業中と思ったが、〜5月6日まで臨時休業の貼紙があった。「〜残念、!」ホームページを見ると緊急事態宣言対象の県なので自主的に休業としたようだ。

20日間の我慢だが、半年かかるかも知れない。リタイヤしたジジイだが、身だしなみは社会人時代と変わらず、毎朝の髭剃り、鼻毛切り、整髪、眉毛切りそして【QBハウス】は半月に一度カットしている。それは、常に人と接触する仕事が長かったので、出かける用事があっても無くても体が反応してるようだ。加えて、醜いジジイを晒すことに抵抗があるのでそうしている。

半年間のステイホームならば、接触する相手がいない。【QBハウス】も休業だし、明日からルーティンの髭剃りをやめてみよう。

| | コメント (0)

2020/04/15

卯月***外出禁止令

2020年4月14日(火)

B54689a6193845dcb9a1371b8d0e783a

海老根が咲いた。

足元の小さな蘭なので、普段は花が見えないので、いつもスマホで撮ったあと眺める。【ステイホーム】のおかげでゆっくりと猫庭の隅々を屈みながら点検する。プランターの水やりをするとカナヘビのチョロとチロが水を飲みにやってくる。可愛いい。

午後から、B'zのライブをYouTube で流しながら在宅ウオーキング をしてみる。狭い家で部屋を全開して何部屋を1キロ当たり10分程の超スローの 速度で歩き、ライブが終わるまでの1時間半を6キロで終えた。

「何してんの!外でやれば良いのに」『 ロックダウンして外出禁止になった場合の予行演習だよ』

| | コメント (0)

2020/04/14

卯月***自由度はまだ20%ある

2020年4月13日(月)

 E27f542d814a45fea351d6b100a1536c

その一向に収まらない新型コロナウイルスの感染拡大で、世界各地で【ステイホーム】が叫ばれている。

そんな中、世界の有名人達が、ネット環境で世界の皆んなにそれぞれの得意技を発信して元気付けしてるのを見るたび、感心しているのはオイラだけじゃ無いだろう。

もうウンザリする【ステイホーム】に耐えるのも辛いけど、先日、宝塚気狂いの高一女子は無料放送番組で、3日間楽しんだし、アスリートやミュージシャン、芸能人達の役割がこういう事態の時には、一番の元気のクスリになっているようだ。

それにしても、世界的にも深刻な状態は終息の兆しが見えずにロックダウンが続いていて、外出禁止を厳しく監視している。過去の大きな感染といえば、14世紀の黒死病(ペスト)で、欧州の人口の約3割が死亡し、経済が回復する迄に100年かかった。ただユーラシア大陸だけの被害だった。

今回の新型コロナウイルスは地球的規模で感染拡大してるが、島国の日本は例外と思っている傾向があり、ロックダウンしなくても大丈夫と思っているようだが、接触を80%削減の緊急事態宣言後でも【ステイホーム】してない実態がある。我慢しなくちゃ!20%の自由度があるのだから。

日本は《自由主義》だからと言って遠慮する必要はない、これは命の問題だからビシビシ取締る必要があると思う。

 

| | コメント (0)

2020/04/11

卯月***神頼みしかない

2020年4月10日(金)C58bdcf7fa0e475f86958a604530d0af

久しぶりに神社ランをした。

新都心街をひと回りして、旧中仙道の《一の鳥居》から三角形の斜線の参道に入る。人は疎らで行き交う人は数えるほどだ。オイラに出来ることは不要不急の【密】を避けて、【粗】をウオーク&ランし、神社、祠があれば手を合わせて《神さま、仏さま》にこれまでの反自然行為を懺悔し、この禍いの終息をお祈りする。

もはや、個人的な、初詣、お宮参り、七五三、厄払いなどを超えて、大きな心で神社、仏閣に参ってすがるべきだろう。床屋は⭕️だの居酒屋は❌だのともう細かな事を「あーだこーだ」言ってないで、【神頼み、仏頼み】を奨励すればいいのに。

| | コメント (0)

2020/04/09

卯月***自然界の逆襲

2020年4月8日(水)

9600921baf474cda9b33d0e96a8f7241

さいたま市でも【接触8割削減目標】が出た。

感染者1人が他人にうつす人数が23人といわれ、削減を算出すると6割の数値が出る。これを1人以下、また10人に会う場合は2人までの8割にすれば急速な感染拡大を抑え込めるという事だそうだ。

宣言後の不要不急外出自粛の朝は、気持ちいい日和になったので、猫庭の手直しをする事にした。気温も20度になり、シンボルツリーの花水木に花が咲き、薔薇も咲いてきた。

足元の海老根の蕾も膨らみ、斑入り擬宝珠(ホスタ)の涼しげな葉も展開し、春本番の猫庭になってきた。

C5ed5b4ced7c45b08cc24995ef5e8ab3 8116fbaf74fe4ada9fe24e02e05dbaf0

古い針葉樹を剪定し、植え替えしないままで元気の無いトネリコ10号鉢の根を更新して、大汗を掻きながら地植え作業に没頭する。久しぶりの土いじりもたまにはいいもんだ。

最後に水やりをしてると、チョロ(猫庭を住処にしてるニホンカナヘビ)親子が出てきて水を飲んでいる。その様子をしばらく眺める、ホッとする時間だ。

13f0bf4d6a9942789a6a8ec2101e8b43 Aff51c5498304a54870386c76b947a39

同じ生き物なのに、小さな猫庭の自然に生きる植物や虫やカナヘビ達は、欲も出さず必要なものだけ得て暮らしている。彼らには緊急事態宣言も外出禁止令も無い。

欲深い人間の悪知恵からありとあらゆる物が生み出され、その反動の自然界の逆襲かも知れない。 

| | コメント (0)

2020/04/07

卯月***亭主元気で留守がいい

2020年4月6日(月)

30109c9c76cd40119be700228611b4c4 2d24b310a98c46799fcad19b69b5cb59 12bbfa521d1c47ce8b35bd43dd9a7727

今週も6人家族の単身赴任のマスオさんは帰って来なかった。

帰省ルートが、高速バスに乗らなければならないので自粛している。子どもたちも高校生と大学生なのでスキンシップしたい程では無いのもあり、毎夜スマホのTV電話で情報交換しているようだ。

8日には女子高校生になる《入学式》があるが、それも保護者不参加の学校と本人だけの式だそうで、今の親としては折角の晴れ姿を見れずに寂しいだろう。

昔、親だったオイラは仕事柄、ほとんど学校行事は不参加だったが、その事についての3人の子供やその母親たちの不満は無かった。むしろ当時流行った《 亭主元気で留守がいい!》の本音のCMが受けたくらいだ。

地方出張が多かったオイラはと言うと、「行った事のない地方へ会社の経費で行けるなんて最高!」と全く苦では無かった。上信越、北海道と14年間ほぼ毎週の出張だった。上信越では豪雪で高田、会津で足止めされる事もしばしば、北海道でも悪天候で飛行機が運休などあったが、個人的には現地でゆっくり出来ると歓迎したものだ。

「帰れないから」と一報し『分かった、気をつけて!』と応答する明るい家人の声。

 

| | コメント (0)

2020/04/06

卯月***出口が見えない

2020年4月5日(日)

98b84092fb4748dab34a207f1faf5c7f

家のすぐ裏の霧敷川を覆う桜も咲き、縁の黄色の菜の花も咲いて予定どおり季節が移ったものの、気分は暗黒のトンネルに入ったままだ。

かつては越後湯沢のスキー場を目当てに、上越出張にと、あの長い長い11kもある関越トンネルを越えた事も数えきれない。その長いトンネルも二度目からは予測がついたが、初めての時は11kは余りにも長すぎて、進めど進めどいつまでも出口が見えず不安に駆られたものだ。

今の気分と一緒だ。昨日の夕方のTVで「東京の今日の感染者は118人で最多が確認された」報告があった。前方に出口は見えない。輪をかけて今日の朝。鉛色の空が気持ちを更に曇らせる。

決めていたランニングコースの荒川土手へ朝10時に出る、チョット寒いのでアップがてらにインターバルランしながらバイパス越えして田舎へ向かい氷川神社前でコロナ退治祈願する。もう高いビルは無く、田んぼが広がる。農道を荒川土手に向かい強めに走る。正面には左手に大山丹沢、そして富士山、正面に秩父山塊が180度広がる。筈だが雨雲に掛かって見えない。薄っすらと武甲山が見える程度だ。

赤いトラクターが日曜にも関わらず耕作している。いよいよ畑準備だ。そばには白い鷺が二羽トラクターの様子を見ている。彼らは耕作後の土中の虫達を狙っている。御馳走だ。

土手に上がり360度を俯瞰する。黒い雨雲や薄い灰色雲が重なって荒川の空を覆い尽くしている。南へ速度を上げて走る。遠くまで続く土手べりの菜の花が軽く揺れて、燕達も風に乗って飛び交っている、雨が降ってくるかも知れないけど気持ちがいい。密を避けて散歩する人や、ランナーも増えてきた。ほぼ10kmで南区役所でUターンして下界に降りる。

ウラトコ(浦和所沢線)道路を東の街に向かう。クルマも少ないようだ。主だったショッピングセンターが営業して無いからか。バイパスに出て北の自宅方面に向かい、予定どおり昼1時に20kmを完走した。

| | コメント (0)

2020/04/05

卯月*** ジュンコ

2020年4月4日(土)

4890980a2e4e4f839903d7510051ce5b

毎月の月忌に、独居のジュンコ宅へ行ってるが、4月4日は叔父の七回忌(満6年目)の日になるので、いつものようにメールを入れると、熱はないが調子悪いのとの返信があった。

『外出もしないので熱もないしコロナじゃないけど、少々呼吸が苦しいです』と書いてあるので、「今回は訪問しない、酷いようだったら迷わず119番して!」と送信したが、なんとなく《呼吸が苦しいです》が気になった。

彼女、数年前に肺腺癌の手術をして、その後何度かの検査をするも転移もないまま、前回の検査も異変は無かった。無論薬剤も飲んでいないが、《呼吸が苦しい》症状は肺に少々の異変の兆しかなぁと、webで検索する。手術直後では無いのだが、出来れば診てもらった方がいいような気がする。

時期が悪い、不要不急の症状か判断に迷う。もう一度伝えよう酷かったら119番に、と。

 

| | コメント (0)

2020/04/04

卯月***卯の花を探して17km

2020年4月2日(木)

8ce42934c27344dd81854bfb6f213243

♬;   卯の花の匂う垣根に時鳥(ほととぎす)早も来鳴きて忍音(しのびね)もらす夏は来ぬ;♬

卯の花の垣根を見たことがないので、住宅地をを選びながらウオーク&ランをしながら探してみた。夏期はまだまだで花は咲いてないだろうが垣根はあるのだろうか。さいたま市中央区の中山道裏には旧住宅街があるはずと思い浦和区まで探すも、なかなか無い。

1896年5月に佐佐木信綱が発表した唱歌なので、明治時代の東京には卯の花の垣根があったんだろうけれど、今では洋風な家が増えたこともあり、花言葉には古風、秘密、風情、謙虚と和風の家向き。硬い材質利用で火葬後の骨を拾う箸を作った事から忌み嫌われ屋敷内に植えてはいけない地域もあるようだ。

ホトトギスは県鳥にしている香川県に多いという夏の渡り鳥なので、小さな卯の花には来ないだろう。秩父奥多摩に行かなくちゃ。

| | コメント (0)

2020/04/02

卯月***朔(ついたち)は雨

2020年4月1日(水)

Photo_20200402105101

今月から《卯月》でウツギの名は「空木」の意味で、茎が中空であることからの命名であるとされる。花は卯月(旧暦4月)に咲くことから「卯(う)の花」とも呼ばれ、古くから、初夏の風物詩とされており、古くから、清少納言の随筆『枕草子』には卯の花と同じく初夏の風物詩であるホトトギスの鳴き声を聞きに行った清少納言一行が卯の花の枝を折って車に飾って帰京する話がある。近代においても童謡『夏は来ぬ』で歌われるように初夏の風物詩とされている。(Wikipedia)。

卯月の朔は雨になった。会計年度、学校年度のスタートが今日から始まりだが、恒例の【入社式】は?だ。加えてわが家の 新高校生、新大学生の【入学式】も延期の様子で、新たな環境への新鮮な思いも肩透かしされ宙ぶらりんな状態に苛立ってる様子だ。

大降りになった雨の昼に友人Gからの電話だ。いつものカフェ《ヴェローチェ》で会う。広めの店だが、更に広く感じるのは昼過ぎにもかかわらず4割ほどの客しかいない。もってこいの環境だ。それでもマスクは付けたままだ。普段マスク無しで過ごすオイラも、無意識に、先日1週間箱根に行ってきた旅行好きな友人Gなので、マスクは付けたままにした。

2時間ほどで暖かくなったら奥多摩にでも行こうと話を終えた。午後3時半まだ雨は降っている。

| | コメント (0)

2020/04/01

弥生***晦日ラン300k

2020年3月31日(火)

Edf21042b9bc4271bcc72da2c2c3759e

弥生3月晦日の足習い最終日だ。

コロナ対策の《三密》には縁が無い【足習い(街ウオーク&ランニング、山ウオーク&ランニング)】が日常になっているのは幸いで、個人的には何の影響もないことに感謝だ。

今日は【足習い】3月の晦日だ。30日迄の走行距離が278kmで、切りの良い300kmにはあと22kmになる。別に公式大会でも無い自己申告のWeb大会なのだが、性分として22kmの足習いをして300kmで終わりたい。

LSD(ロングスローディスタンス)22kmなら1キロあたり7分から8分のゆっくりした有酸素運動で、2時間半から3時間要する。もうお爺ちゃんなので小休止を取るとまあ3時間半ぐらいだろうと、昼食2時間後のいつもより早い時間の14時に家を出る。

さあどのコースを行こうか?と思案しながら昨日と逆の方向へウオークする。曇天で少々肌寒い。マスクして街の端を通り、空いた住宅地の道を行きながら見沼代用水西縁に入る。桜並木が続く西高校下では散歩者や、ランナーが思い思いで予想したより多い人出で《三密》外の環境を意識しているようだ。

見沼田んぼから俯瞰して歩ける芝川土手から、ランニングする。土手べりには旬の菜の花が、遠景には曇天のせいでもやっとした桜並木が続いている。この芝川を北へ進み自然公園の大宮第三公園に入ると一気に人が増える。ファミリーが広い芝生で、周囲の1100mのコースでは散歩者やランナーがコロナ前の日曜日のように楽しんでいる。

これまでウオッチは2時間経過12kmを示している。あと10kmへと足を伸ばして大宮公園に向かう。ここでもバスケコートで若者たちが遊ぶ。桜宴会の名所は宴会禁止のせいでガラガラで、花曇りもあって寂しそうな景色だ。 

3時間半ぐらいで夕暮れの17時30に帰着して無事目標の300kmだ。

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »