« 長月***膵臓シビレ(ドモ) | トップページ | 長月***白鷺 »

2020/09/08

長月***お月さま

2020年9月7日(月)~8日(火)

Img_6808-3Img_6819-2

7日朝6:21分の満月から5日も欠けたぶさいくな更待月が西に落ちていく。早朝の西に向かうときの満月を見てから気になり、「欠けていく月」が気になりだし、朝の月を探すようになった。

8日5時半の今朝はもっと欠けて真上に居た。二日後の10日、月の日付月齢22日にはスイカを切ったような下弦の月になり、一週間後の太陽暦17日には,月齢29日で太陽に隠れた真っ暗な新月で旧暦の8月が始まる。

旧歴の季節を現す二十四節気の今日は白露 (はくろ) 陰気ようやく重なりて露こごりて白色となれば也(暦便覧)===野には薄の穂が顔を出し、秋の趣がひとしお感じられる頃。朝夕の心地よい涼風に、幾分の肌寒さを感じさせる冷風が混じり始める。===とあり、生活感が合致してのであらためて大陰暦の月齢を意識している昨今だ。

手帳に辛うじて記載されてる六曜は冠婚葬祭等で利用されてるようだが、もっと利用すればいいと思う。因みに先日の台風に関しても、旧暦の雑節の二百十日(ひゃくとおか)立春から210日8/31 、二百二十日(にひゃくはつか)220日目9/10日は嵐の襲来する時期とある

|

« 長月***膵臓シビレ(ドモ) | トップページ | 長月***白鷺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長月***膵臓シビレ(ドモ) | トップページ | 長月***白鷺 »