« 神無月***マスオさん | トップページ | 神無月***万葉の花見 »

2020/10/05

神無月***彼岸花から金木犀

2020年10月4日(日)

Img_6960-3 Img_6959-2

曇天日の日曜の夕方から秋の花を探しに、いつもの密でない2キロ先のバイパスを走る。公園に行けばあるだろうがマスク無しのため、人が多いところを避けて、敢えてバイパスをピストンしながら路肩に秋を探す。

この辺では彼岸花が旬であっちこっちに咲いているが、早咲きはもう水分を摂らずに色が褪せてきている。角を曲がると「ぷぅ~」と風に乗って匂ってきたのは金木犀だった。まだ咲きはじまりなのに、すぐに居場所を教えるほどの強いにおいだ。この香りをほとんどの虫が嫌うそうで、たしかに虫が近寄ってる姿を見たことがないのはそのせいか?

その匂いの主な成分はβ-イノオン、リナロール、γ-デカラクトン、リナロールオキシド、ヘキセノールで、揮発性の成分なので、時間とともに空気中に溶け込んでいき、あたり一帯をいい匂い?で満たし、大昔はトイレの消臭の為に植えられたそうだ。

おかげで、この匂いが漂ってきて「あ~秋になったなぁ」と実感しながらちょい寒むの12キロの夕ランを終える。

|

« 神無月***マスオさん | トップページ | 神無月***万葉の花見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神無月***マスオさん | トップページ | 神無月***万葉の花見 »