« 皐月***まる高マラソン | トップページ | 皐月***憲法記念日 »

2022/05/03

皐月***八十八夜

2022年5月2日(月)+19353人

Photo_20220502123001

川端康成の読書ウイークの最後の全集を読んでるが、この巻は「未刊行作品」として26篇を収められていて、短編小説の中には長編小説のほんの発端の部分のみで終わったリ、あたかも絵巻物の抜け落ちてるようなものを、一括して全集としたようだ。

なので、4頁ものだけの作品など、ほんのひと読みで終わるので、就寝前の睡眠導入本としてはうってつけだ。古い時代背景のせいか、戦後間もない昭和生まれのオイラの幼年期の記憶がよみがえり、令和よりいい時代だったよなぁと思う事もしばしばだ。

PCデスク前の旧暦の雑節や24節気などが印字されてる卓上カレンダーの2日の【2】の下に小さな字で【八十八夜】と記してあった。思わず唄いだす。

「♬夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が茂る あれに見えるは 茶摘じゃないか 茜襷(あかねだすき)に菅(すげ)の笠♬」

小学校の3年の頃唄っていたので、メロディが鳴ればすぐにでも唄える。やはりこういう生活に密着した歌はいいよなぁ!正式なタイトルは茶摘みだという。---「雑節 立春から88日目。「八十八夜の別れ霜」等と言われ、遅霜の時期と言われる。また、唄で知られる一番茶摘みの頃でもある。」---そうだ。

もうそろそろ夏がやってくるのか!

|

« 皐月***まる高マラソン | トップページ | 皐月***憲法記念日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 皐月***まる高マラソン | トップページ | 皐月***憲法記念日 »