« 師走***重病 | トップページ | 師走***冬の雨 »

2022/12/06

師走***あたらしい発見

2022年12月5日(月)+47621人

Photo_20221205093601

《うむっ何の花だ?》と参道へ向かう小道の針葉樹の裏から覗いたかわいらしい花が!。

多少は知ってるがこの12月に咲くこんな白桃色の花は初めてだ。だって奥に見える参道のモミジは紅葉してるのだから・・・。花形は【寒梅】ではないし、【木瓜】っぽいが知ってるのは赤色だしこんな早く咲かない。

そして【寒木瓜】と知った。

ボケ(木瓜)は、春に花を咲かせる花木で、平安時代の頃から日本人に親しまれているそうだが、3~5月に赤、白、ピンク、オレンジの花を咲かせ、11月頃から咲き始めるものもあり、春に咲くものと区別して「寒木瓜」と呼ばれているそうだ。また、花後の9~10月には青い実をつけ、実は香りがよく、果実酒やジャムを作って楽しむことができるようだ。

 木瓜は花の色や形にバリエーションがあり、200種類以上の品種があるといわれて、花の咲く時期によって、四季咲き、寒咲き、早咲き、中咲き、晩咲きの5種に品種は分類され12月~3月まで様々な品種の花を楽しむことができるそうで、今回見つけたのは12月2日で【寒木瓜(かんぼけ)】だ。

このところ身近に悲しい話が続き、葉を落とし裸木が増えた参道歩きも何となく暗い気持ちだが、ワールドカップの本戦出場、ウチのワカメちゃんの記録更新のいい話に続き、こんな明るく可憐な寒木瓜の花の発見はうれしい。

ときにはちがう道歩きもするものだ、あたらしい発見があるかも・・・。

|

« 師走***重病 | トップページ | 師走***冬の雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 師走***重病 | トップページ | 師走***冬の雨 »