« 如月***いい知らせ! | トップページ | 如月***フルーツロワイヤル »

2024/02/03

如月***第1次判定はNO!!

2024年2月3日(土)

S_20240203094501

石綿(アスベスト)健康被害救済制度】を知り、その申請が受理されたのが11月14日で、最短で「認可まで3ヶ月から半年くらいかかることもありますので・・・」と告げられ、「よろしくお願いいたします」と応えて、電話を切り、あとは吉報を待つだけだった。

そして、2カ月たったころ審査開始の知らせが届き、それから1週間後の昨日速達で上記の内容が届いた。

「提出された資料において、他疾患との鑑別が必要と考えられたことから、中皮腫であるかどうか判定できませんでした。」「つきましては、次の資料をご提出ください。」とあり、認定に至らなかった。

複雑な心境だ。中皮腫 に認定されれば経済的救済が得られるが再発を気にしながら残りの人生を送るか?仮に中皮腫では無かったらどんな腫瘍なのか?悪性中皮腫の見立てだが良性腫瘍かもしれないのか?

いづれにしても、「静かな時限爆弾」と言われる 中皮腫 の救済は貴重な原資の裏付け認定なのでシビアな資料が必要なのだろう。今後は救済制度(ERCA) と担当病院医師との間で資料の要請が行われ、その経過報告を待つのみだ。

|

« 如月***いい知らせ! | トップページ | 如月***フルーツロワイヤル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 如月***いい知らせ! | トップページ | 如月***フルーツロワイヤル »