« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »

2024年3月

2024/03/29

弥生***さくら開花

2024年3月29日(金)

Sakurass

雨嵐が昼すぎにまで続き、外出をあきらめようかと思ってたら、灰色の空か黒い雲が消え、一気に晴れた!!!

まずは、間もなく百円引き券」が終わるQBで頭を刈り、その足で《さあて、どこに行こうか?なぁ桜はまだだろうけど、晴れてるから・・やはり公園か?》とつぶやいて、大栄橋を東へ渡り、旧仲仙道を土手町に向かい、氷川裏参道へ曲がって、300m先の大宮公園西口に向かうと、遠目にもポツリポツリと薄桃色が見える。

《咲いた!》ようだ。汗ばむくらいの気温に上昇して公園全体では二分咲きぐらいだろうか?入り口のソメイヨシノは五分先になっている、iphoneで青空をバックに上品なソメイヨシノを撮りまくる。やはりソ上品な薄桃色のメイヨシノがいい!

| | コメント (0)

2024/03/28

弥生***やっと晴れた

2024年3月27日(水)

Daiso_20240328100201

昨日一昨日と荒天だった反動か、駅周辺や図書館そして参道も平日にも関わらず、多くの人出だ。先日拡大改装したDOMのダイソーが100円~1000円商品のアイテムを増やして、長蛇の列がついている。セルフレジが20台ほど用意されて、長蛇の列もスムースに流れていて、ストレスは無いようだ。

「100均」の進化も著しく、使い捨てではなくなり、アイテムも全年代が欲しがる商品も充実して、小売業では欠かせない地位を得たようだ。オイラの買い物は、「必要なものはまずダイソーを見て・・・」が合言葉だ。

主なものは「ワイヤレスイヤホン」1000円だ。長時間のウオーク&ランには必ず装着して出かける。4~5万するものもあるようだが特別な音質はいらない。5時間以上は持つ。単三電池5個入り100円。2カ月しか持たないが、1年弱は使える。菓子類(2個、3個、4個で100円)、眼鏡(ガラ違いを100円)。手袋(特に冬物100円)等々。

以上だが、絶対飼わないアイテムは筆記具で、これだけははダメだ!・・・NB品(ナショナルブランド)を買う。

| | コメント (0)

2024/03/27

弥生***アニメとゲーム

2024年3月26日(火)

Photo_20240327131601

昨日からず~と雨降りが続き、お泊りのSさんと外出も行けずに、在宅を余儀なくされ。ネットサービスamebaでアニメを見ることになり、1話24分を観ると、Sさんが内容を説明してくれる。「転生」「悪役」「敵を倒してレベルを上げる」とかの説明を聞きながら2話、3話。4話、10話までの240分の4時間を観ることになった。

昨日は、任天堂スイッチをTV画面でのゲームを数時間していた。横で見ているとなかなか面白いが、手元の指先の動きを見ていると「とても無理!」だが。あのように操作で出来れば間違いなくボケないだろう!と思った。スイッチを買ってみようか?・・いくらするのかなぁ!

Sさん3泊4日のお泊りが終わり、夕方迎えに来た父親と帰っていった。13歳の少女と遊べるのは楽しい。また来てねぇ!

| | コメント (0)

2024/03/25

弥生***再発無し!

2024年3月25日(月)

Photo_20240325174001

術後3カ月のCT検査を先週受けて、その結果を聞く今日は生憎の雨の日になり、徒歩をやめて電車で日赤に出かけた。

「着いてこなくていいよ!」とⅯ婆に言うと「再発してたらショックじゃない?から一緒に行ってあげる」と返されたが、「覚悟してるから平気だよ!」と軽口をたたきながら、【そごう】までの8分間だけ傘を差して、店内の東口から20m先の駅の入り口に着く。ここからは電車と屋根付き歩道でさいたま新都心の日赤まで、傘いらずだ。

午後1時30分の予約時間の1時に自動受付機に診察券を入れてアウトされた診察カードを持って、呼吸器科受付に提出し、担当医診察室前で呼び出しを待つ。午後だからなのか患者のベンチは空いていた。そして診察予定の患者番号が表示されていない。「あれっもう次かなぁ本を読む暇ないかも~」と言いながら、村上春樹を読みだす。

「表示出たよ!あなたじゃない?」「あっそうそう!」と診察室に入る。「よろしくお願いいたします」とあいさつすると、机上の画像モニターに術前の11月のCT画像と先週のCT画像が比較できるように写っている。

「これが以前の画像でこちらが先週の画像で、結論から言うと、再発は見られませんでした。」と聞き、《よかったぁ!》と「覚悟してるから平気」と強がり言ってたが、心のどこかの「もやもや」が一気に晴れた。これで当分普通の生活が続けられる。

「先生!走ったり山登りしたり、お酒を飲んだりも大丈夫ですか?」「全く問題ないですよ!運動は特にお勧めします、体力をつけてください!」「つぎの検査は3ヶ月後の6月17日CTですが予定はいいでしょうか?、その翌週24日の結果までの経過観察を続けましょう。

「大丈夫ですどうもありがとうございました」と礼を言って、診察を終えた。

・・・まずは三カ月はひと安心。次の三カ月点検まではそろそろ山でも行って楽しもうか?・・・

| | コメント (0)

弥生***初さくら・・・

2024年3月24日(日)

Photo_20240325093101

太陽の出ない曇天日になった。二日目のお泊り保育のSさんマイペースで朝食を済ませて、午前中は公文をやり始めて昼食後からゲーム三昧だ。「Sさん!図書館に行かないか?外に出て曇だけど公園に散歩でも・・・」と誘うが、「いい~家にいるぅ~」と誘いに乗らない。

昨日も在宅だったので、ウオーキングスタイルに着替えて、借りた三島の「奔馬」を返しついでに、15分先の図書館に行く。1階フロアーの幾つものテーブルには勉強がてらの学生たちがすでに占領している。エスカレーターでいつもなら3階の読書コーナーに立寄るが、今日は2階の図書館入口で返却ポストに「奔馬」を滑り入れて、氷川神社の参道に出て「初さくら」を探しに大宮公園を目指す。

一の鳥居から長い2㌔先の参道では、ミニ新幹線に乗れるイベン風景をチラ見しながら氷川神社境内に着き神橋を渡り、拝殿には向かわず、大宮公園の桜群を眺めるもまだ裸木のままなので、第二公園へ向かうがここでも樹々は梅も終わって、家族連れの集団たちが球技に興じているだけだ。《まだまだか・・桜は》とあきらめムードで1周してきた㍉ではない帰路に着こうとしたら、中国語らしき会話の集団が集まていた。

近づくと、用水縁の樹木に桜の花が咲いていた。中国系観光客らしき女性が桜をバックにピースサインしている。オイラも思わずiphoneで曇天下さが撮ってみた。 《青空がいいのだけれど・・》まぁとりあえず「初さくら」だ。

| | コメント (0)

2024/03/24

弥生***お泊り

2024年3月23日(土)

Mtosss_20240324113801

K県の小学校を卒業したSさんがこのところ恒例になった【春休みお泊り】にやってきた。出発駅で父に送られて、待ち受けたオイラ爺婆が駅でスタンバイした。「遅発になった「〇〇行き」のグリーン車4号車」の乗せたとのLINEを受け取り、着駅コンコースに表示された「〇〇行き」を探し、ホームで待った。

ところがLINEで「Sさんはもう着いてホームに降りた!」そして「となりの11番線ホーム」とのこと知り、あわてて階段を駆け上がり、隣のホームに降りてホームのSさんを探す・・・も居ない。SさんのLINEに電話して、iphoneを耳に当てながら4号車付近を探すもなかなか見つからない。数分後、Sさんと話しながらやっと会えた!。よかった!。

出発した駅のホームは一つだけだが、到着ホームは【湘南新宿ライン】と【上野東京ライン】の二つあり、行先は同じ駅だったのだ。以前はこんな間違いは起こさなかったのに・・・これも加齢っていうやつか⁉lな?

| | コメント (0)

2024/03/23

弥生***傘寿の姉が認知症❓‼

2024年3月22日(金)

Photo_20240323104801

生きていれば100歳のフミエさんの27年忌の日だ。千葉に住む喜寿越えの姉に声をかけて「墓参を兼ねていらっしゃい!」と弟のオイラが誘い、傘寿の婿殿とやってきた。もういつ以来だろうか?5~6年ぶりの対面だ。

きっかけは年賀状に胸膜剥離手術を記した内容を観て、ビックリして電話をもらい簡単な説明だけだったので、詳しく伝えるための意味もあった・・・が、姉はもう喜寿越えの78歳、夫の義兄は傘寿の80歳と超高齢者を呼びつけてしまい、かなり反省!(-_-;)した。

待ち合わせ場所の交番前に姉を発見!!し大きく手を振り、「お待たせ!待ったぁ」とそして「今来たばっかり」「朝、電話してくれたので遅れると思ったよ。」」ううん、電話してないよ!」という。iphoneの着信履歴を見せて、「ほら8:15 にアナタの名前があるでしょ?」「え~~、認知症になったみたい!」と自覚してるらしい。

その後昼食しながらの会話のなかでも、「あれっ!おかしいいなぁ」と夫のトシオさんに聞くと、「まだらボケはしょっちゅう」と言う。彼らも娘夫婦と2人の男子との同居生活だが、食事は別々に済ませていて、老夫婦の夕食は弁当類で済ませることも多いと聞く。

ちなみにわが家の同居ルールは「夕食は6人家族全員で食べる」ことで、食材買出しと夕食の下ごしらえ、その他掃除・洗濯、庭掃除・ゴミ出しと、おいそが氏の喜寿のⅯ婆で、ボケる暇がないようだ。

同じ二世帯家族で、姉の認知気味のボケは多分《ひまが多すぎる生活』のせいではないか?と思われる。町内会などご近所など外向きの用事などは、義兄がしてるそうだし・・・五体をしっかり使ってないようで心配だ。

| | コメント (0)

2024/03/21

弥生***墓守

2024年3月21日(木)

6_20240321165301

ここ数日春の風嵐が吹き続いている。祝日を避けて青葉園に墓参りに行く。彼岸中日後で園内はガラガラで狙い通りの墓参りになった。

このところの強風のせいか、墓は汚れまくっていたので、バケツ3杯の水と雑巾で墓を洗い、ホトケノザを毟って、やっと線香を焚き、供花をあげた。園内から出入口へ向かうなか、2割程度の墓に花が無い、墓仕舞いか?歯抜けのようにところどころに空地もちらほら。【墓守】がいなくなってきているようだ。

うちの墓の名前も俺たちで最後だ。

| | コメント (0)

2024/03/20

弥生***春彼岸

2024年3月19日(火)

Photo_20240320114401

毎日食材を求めて出かけるホームズの広い庭のアカシアのまっ黄色の花が鮮やかで、気分もウキウキする。不幸な怪我のⅯ婆も処方してもらった飲薬と湿布薬で、普段の自活には影響が出てないので、ひと安心、「彼岸の入り」から数日遅れの仏壇の始末も終わり、今秋の彼岸が始まった。

| | コメント (0)

弥生***日赤検査日

2024年3月18日(月)

Petct_20240320093301

昨年の年末呼吸器内科に担当医に替わり、およそ3ヶ月後の指示検査日の今日は朝9時半に日赤に着くと、休み明けの月曜日で大混雑で、診察券発行機にも行列がついていて、いやな予感!。プリントされた一行目検査は【採血】で3階に上がるとここも大混雑で診察券を機械にインプットすると「198」のカードがアウトされ、順番の表示モニタを見上げると、80人待ちだ。

「128番のカードの方は採血室へお入りください~」と報じている。仕方なく持ってきた村上春樹を読みながら潰そうと空席を探すが120%の混雑で、立ち読みする。結局40分ほど待って、2分間の採血を終えた。診察カードの次は階が下がってCT造影剤検査で、「検査着に着替えて、血圧を測ってお待ちください!」と30分かかって、終了。最後のレントゲン検査コーナーへ移動して、およそ2時間の検査を11時30分に完了した。

今日の検査の結果を受けて、次週、担当医との面談を受け次の処置を検討することになる。

| | コメント (0)

弥生***お返し介護

2024年3月17日(日)

Seikei002768x768

二日前の朝、PC作業をしてると、『ド~ン!!!!』と猫庭を掃除してた喜寿のⅯ婆、前に出ようとしたら大きすぎる【突っかけ】がつま先に引っかかって、箒とちりとりを持ったまま飛んでしまった!不幸にも沓脱デッキの角に左腕から左胸をしたたか打ってしまった。

「痛いっ!‼」と患部を押すと骨まで響くらしい。そして湿布を貼って、夜を過ごしたが、寝返りを打ったはずみに患部が痛んで眠れないようだ。そして翌日、整形外科の受診を受けると、「ひびと骨折」と判明、内服薬と湿布薬と胸バンドを貰い帰宅した。

「二週間後に骨密度検査をしてその後の処置を検討する」ことになった。日常生活には問題ないが、今度はオイラが介護する番になった!

| | コメント (0)

2024/03/17

弥生***20℃

2024年3月16日(土)

Photo_20240316175501

なにもやる事がない暖かい今日土曜日は、人が多そうな街に出る気もなく、だらだらと

カーテンの房掛けの交換や、撮りだめた動画を編集したり、不要ファイルを削除したり、余った時間は三島の最後の小説「豊穣の海」の2巻【奔馬】を読みだす。1巻の【春の雪】で20歳で死んだ清顕(きよあき)が親友の本多に転生して再会を約束する。

2巻【奔馬】で18年後の本多は剣道試合で、竹刀の構えに乱れのない一人の若者に目がとまった。清顕付きの書生だった息子飯沼茂之の息子で 飯沼勲18歳だった。どうやら清顕が転生したのが18歳の彼のようだ。

皇室をないがしろにして腐敗した軍や政府や財界に憤り、明治初期の神風連の乱に心酔し自らの命を懸ける少年の思いに、法律家本多が新風連礼賛に批判的感想を述べて思想の均衡を取るが、死を賭けてして国の礎となろうとする純粋な少年を描く。

読み進めていくと、のちの三島自決の予兆を感じた。心情は少年にあるのだろうと思った。

| | コメント (0)

2024/03/15

弥生***新妻は?

2024年3月15日(金)

Bb1juvqq

「ぱぱ~!!」と隣の部屋にいたオイラにⅯ婆があわてて「おおたにの奥さんやってるよ?TVでぇ!」とわざわざやってきた。リビングに行くとテレ朝の朝番組でやっていた。

ネットでは1週間前あたりから、・・・らしき女性がチラホラ出ていたが・・・。‐‐‐全国区?、いや、全アジア?いや全アメリカ?いやいや全世界?の皆がどんな人?の話題を大谷翔平自ら明らかにした。

なかなか大谷さんは賢く韓国の開幕戦の出発前に、二人だけでなく、日本人チームたちとの写真をチーム広報が発信して、「新妻探し」の、小火が炎上する前に火を消した。

「上品で感じのいい人だね」とわが家の一致した感想だ。お幸せに!!

| | コメント (0)

2024/03/14

弥生***ホワイトデー

2024年3月14日(木)

Photo_20240314163601

昨年からの二度の入・退院では、同居のⅯ婆と娘のサザエさんにはお世話になった。

家人とはいえ、過大な世話を焼いていただいて、家人のありがたみを実感した。さらに初コロナの際も、無感染のサザエさんには3人分の世話を焼かせてしまい、感謝している。

そんな女性家人たちに、ホワイトデーの名を借りて【le chocolat de h】のケーキをお返しする。写真の「ティラミス」と「トリュフ」だ。

今後とも、お世話になります。

| | コメント (0)

弥生***呼吸筋

2024年3月12日(火)

Photo_20240314142602

急坂を上ったり、走ったりすると息切れがしてすぐに《ゼ~ぜ~!》して以前のように走りことができないので、呼吸筋のリハビリをしながらウオーク&ランをしている、半月前には30ⅿのランですぐに息切れしたが、鼻から吸う腹式呼吸しながら、口で吐く呼吸を併用しながら、少しづつ距離が伸びて100mぐらいまで走れるようになった。

息切れ】で呼吸法は、腹式呼吸と胸式呼吸の2種類で普段の生活での通常呼気には横隔膜が弛緩するだけだが、走ったりするときの強制呼気には腹筋、内肋間筋も使われるので、ポイントとなる筋肉が横隔膜。

どちらの吸気、呼気にも関与する筋肉。意識するのが難しい筋肉で、もちろん筋肉なので鍛えたり・ストレッチすることも可能。横隔膜がしっかりと伸び縮みして動くと呼吸が楽になるという。

横隔膜はインナーマッスルの一種なので、大腰筋腹横筋と合わせてトレーニングすることが良いといい、呼吸を変えるためにはストレッチと筋トレが大切とのことで、ネットの動画を観ながら試してみてる毎日だ。

| | コメント (0)

2024/03/12

弥生***偽メール

2024年3月12日(火)

Logo

ポロン🎵とスマホにsmsの通知!の表示が!!‐‐‐「お客様宛にお荷物をお届けに上がりましたがご不在でしたので持ち帰りましたので、下記よりご確認ください」

このところ不定期に・・・多分詐欺メール❓‼だろう。すぐに消去する。

上記内容をネット検索すると《宅配不在通知のショートメールでの偽サイトへの誘導》が頻発してるという。

 ‐‐‐相談内容:宅配便の不在通知のSMS(ショートメッセージサービス)を受け取り、記載されているURLにアクセスしたところ、ブラウザの更新をするよう表示されたので更新した。このときに不正アプリをインストールされたようで、知らない人から「いつ配達してもらえるか」といった内容の電話が多くかかってきた。その後、携帯電話会社からの請求書の明細を確認すると、海外宛てと国内宛てのSMSがそれぞれ100通ほど自分のスマートフォンから送られており、通信料が1万円以上となっている。(30歳代、女性)‐‐‐

各種アプリの手続きでのメールアドレスを発信しているので・・・毎日数十件のメールが來る。が、もともと疑り深い性格なので、スマホのメールには一切返答しない主義だ。特に携帯番号だけで使えるショートメール(SMS)は特に返信せず削除する。スマホ経験の少ないⅯ婆には「一切無視しなさい、決して返信しないこと!」と伝えている。

「お~~こわっ!!!」

| | コメント (0)

2024/03/11

弥生***津波Tsunami

2024年3月11日(月)

2011

13年前の午後2時46分、南側の展けたガラス越しに見える景色が見えるように、カーテンを開け放った2階の自室で、パソコン作業をしていた・・・部屋が揺れた!《大型トラックの揺れか?》と思ってたら、展けたガラス越しにぶらぶらと電線が踊っている。気づいたら家も左右に、上下に揺れていた。地震だ!!   《家が壊れる!》

耐火耐震仕様で、2000年に新築して未だ11年しか経ってないが、壊れ事はないだろうが、揺れが止まらない。電線はまだ踊ってる。TVを点けると東北方面の地震発生のようだ。10分ほど?経って揺れが治まった。TVでは都内各所の様子を伝えているが未だ詳細は分からない。

公休日だが、仕事場は大変だろう。幸い自宅に被害はなかったが、ワンブロック先のサザエさんのマンションが気になり連絡すると「家具が倒れた」との事で、行ってみると無事だった。

・・・が、その後にTVニュースで酷い光景を見る事になる。【津波Tsunami】だ。海無し県に生まれ育って、大学のサークル関連で外房の2か月の海生活を体験し、夏は波乗サーフィンの若者がいい波を求めて、やって来た。一般的には風が原因で波が起こるが、陸地まではやって来ない。

それがやって来た、!まるでアメーバがどこまでも陸地の奥へ奥へとやってきて川を逆流し、全てを飲み込むように、前に行けなければ横に・・・。こんな恐ろしい【津波】は生涯忘れることは出来ないだろう。

| | コメント (0)

2024/03/10

弥生***春の雪

2024年3月8日(金)

Photo_20240308173101

もう啓蟄だというのに、【春の雪】が降ってる。

春の雪】⁉って映画があった。三島由紀夫の【豊穣の海】の1巻で、2巻「奔馬」3巻暁の寺 そして4巻の「天人五衰」の入稿日に三島事件で割腹自殺した。

‐‐‐侯爵の令息清顕 は、預けられていた侯爵の綾倉家の聡子と、幼馴染みで姉弟のように育てられて、初恋のようでもあり特別な存在であった。そんおり、聡子が宮家の殿下から求婚される。2歳年下の清顕は聡子に子供扱いされたと思い、自尊心を傷つけられ、突き放したような態度をとるようになり、聡子は失望して婚約してしまう。

清顕の中でにわかに聡子への恋情が高まり、皇族の婚約者となったことで聡子との恋が禁断と化したことから、日常生活からの脱却を夢見る清顕は、聡子と逢瀬を重ね、聡子もこれを受け入れ妊娠してしまう、清顕と聡子の関係が両家に知れ渡った。聡子は知り合いの医師の元で堕胎をさせられ、そのまま奈良の門跡寺院「月修寺」で自ら髪を下ろし出家する。殿下との婚姻は聡子の精神疾患を理由に取り下げを願い出た。

清顕は聡子に一目会おうと春のの降る2月26日に月修寺に行くが門前払いで会えずも、なおも清顕は聡子との面会を希望するが、聡子は拒絶する。そして、雪中で待ち続けたことが原因で肺炎をこじらせ、20歳の若さで亡くなる直前に、清顕は親友・本多繁邦に、「又、会ふぜ。きつと会ふ。滝の下で」と言い、転生しての再会を約束する。‐‐‐

その29歳の清顕が輪廻して、2巻の【奔馬】で同じく脇腹に三つの黒子をもつ青年・飯沼勲が現れ、腐敗した政財界と疲弊した社会を変えんとす彼は、父や塾生、恋人や財界重鎮らに翻弄され孤独を深め、 純粋さを求める青年は、たった一人の叛乱へひた走る。

| | コメント (0)

2024/03/08

弥生***葬儀

2024年3月7日(木)

S_20240308142701

後期高齢者になって以来、「終活ファイル」を毎年末に更新している。正月にそのファイㇽをⅯ婆に見せ。ひととおり説明をするようにしている。

その中で、【葬儀について】に、⓵儀式は行わず、②自宅で ③妻、子と配偶者、孫、姉の近親者のみ、④僧侶無しで、無宗教式で、⑤喪服は無しで⑥楽しい別れ会にしてほしいい。と記した。

「エッ!、お坊さんを呼ばないで、戒名はいらないの?」とⅯ婆、「無宗教だからいらないよ!」「霊園にいる父母の時は、やむなく宗派の僧のお経を頼んだけど、オイラはいらないよ!」「連絡先は近親者だけで。友人知人には11月に昨年の年賀状を頂いた相手に喪中はがきを出して欲しい」

今朝、日経新聞に「故人との別れ様変わり」の見出しが!

‐‐‐フューネラㇽ(葬儀)ビジネスにもより「らしさ」を重視した新しいサービスがほろ狩り始めている。  新型コロナ以降、近親者のみの小規模な家族葬が主流となり(中略)、変化の波は仏具にも広がっている。(中略)住宅事情の変化でかつてのような大きな仏壇を構える家庭が激減するなか、(中略)、ご本尊を飾らず、位牌や写真だけを飾る人も増えている。
 現代の生活は寺離れが進み、僧侶を呼ばない無宗教の葬儀も増えているという。(日経新聞)

「オイラだけかと思ったら・・・」

| | コメント (0)

2024/03/06

弥生***黒字なのに人員削減

2024年3月6日(水)

S_20240306120301

雪が降ったらしく自動車や屋根が白く積もってる。啓蟄なのに・・・そんな中塀のすき間から桜が覗いている。

--- 株価も過去最高記録更新し、インバウンド需要需要拡大で国内景気は上向きだ。業績予想を開示していない企業を除き今期の最終損益が黒字予想の企業は9割に上った。いい話かと思ったが、それでも【早期退職募集昨年超え】と「人員削減」を進める企業が急増している。

 インフレ経済への移行で持続的な賃上げが焦点となり、雇用人員の適正化を進めていることが要因にある。業種別でみると全体の6割を製造業が占めた。電気機器や精密機器などエレクトロ二クス関連や機械、化学産業が目立つ。近年の特徴なのは対象者が若年層に広がっている点で、対象年齢制限がない募集が4割を超えた。以前は40歳以上対象が7割だったが、その前提が崩れつつある。(日経)---

転職動向調査によると25歳以下の若手社員の転職紹介数は前年同期比42%増と高い伸び率になっている。日本でもより収入の高い職種や成長性のある業界へ転職する若者が増えるかも。

| | コメント (0)

2024/03/05

弥生***NET119

2024年3月4日(月)

Net119_100

先日88歳の米寿になった独居老婆のj子から、「以前に消防署から安全確認の電話があったけど、最近は何も言ってこないのよ!」「もし何かあったら?」と心配そう。

そして【NET119】という便利そうな資料を調べた。それは難聴や発話障害等により音声通話が困難者が、スマートフォンのインターネット機能を通して簡単な画面操作で119番通報ができるシステムだ。

いつも利用している図書館に併設してる区役所の支援課で事情を説明すると、資料一式をもらい申請手順の説明を受けた。それによるとスマートフォンの操作ができるか?という。まぁ現在オイラと叔母との通信はすべてLINEでのやり取りができてるので、操作は可能だろう。

登録手順①は 申請書を事前登録する。 ②窓口で職員が登録されたメールアドレスに送信、②アドレス認証が完了 ④通報URLがメールで送信される⑤URLを選択し、ガイドに従ってブックマーク・ホーム画面登録 ⑥スマートフォン画面に「119」のアイコンが表示される

あとは有事があったときの通報手順に慣れておけばいい。

通報手順①スマートフォン画面に表示の「119」のアイコンをタップし、②緊急通報システムの「救急」「火事」又は「その他」か選んでタップする③「自宅」か「現在地」を選択 ④具合が悪い人「自分」「自分以外」を選択しボタンをスライドして消防局に通報 ⑤ 消防局とスマートフォン画面を見ながら、簡単な「はい」「いいえ」の選んで文字会話する。

上記の内容をLINEでJ子叔母に伝える。返事はないが「既読」になったので検討するだろう。

| | コメント (0)

2024/03/03

弥生***ひな祭り

2024年3月3日(日)

20240303

合宿住まいのワカメちゃんが成人式着物撮影で年末年始以来の1泊2日で帰省し、彼女を囲み両親と爺婆5人の楽しいひな祭りになった。今年で20歳になるワカメちゃんはもう「・・ちゃん」から「・・さん」の大人の顔になり見違えるほど「おとな美人になった」

中学から部活人生が続き、異性と関わる機会もないが、中学時代からのk-popに推しで、御多分に漏れずBTSに行きついたk-pop通だ。今夜はリクエストで「サーモンとイクラをトッピングしたちらし寿司」をメインに、ワインもちょっと味わうも、あまり得意じゃなさそうだったが、食後のデザートのケーキも食べつくして、楽しいひな祭りになった。

| | コメント (0)

弥生***米寿

2024年3月2日(土)

S_20240303091701

1936年3月1日生まれのj子が、八十八歳の【米寿】になった。

「米寿(べいじゅ)」とは、88歳を迎える方の長寿のお祝い、ならびにその年齢のこと。60歳の「還暦」や70歳の「古希(こき)」は中国から伝わったが、77歳の「喜寿(きじゅ)」88歳 の「米寿」以降のお祝いは、すべて日本発祥だそうだ。

まあいづれにしても難聴障がい者4級で88歳で独居してるのはすごいことだ。しかも先日要支援2の認定の更新で、充分自活可能ということで、要支援1に引き下げられたくらい「元気なおばあさん」との認定だ。

1男2女の子供たちとは長年別居していて、自力通院ができない時には二女の車に頼っているようだ。それ以外の家族たちとの関りはLINEでを介して繋がっている。オイラとの通信もすべてLINEでおこなっている。

「誕生日おめでとう!!、八十八歳の米寿祝いなので、とらやのイチゴ羊羹をどうぞ!、そして今日のおやつは大きなチョコトリフだよ!」と途切れることないおしゃべりで2時から5時半までの3時間半を過ごした。

「じゃぁ、また来月ね~!」

| | コメント (0)

2024/03/02

弥生***バブル期!

2024年3月1日(金)

Oip_20240302100401

バブル経済期は、オイラが40歳前の本社勤務時代の86年12月から91年2月ごろまでの期間をいい、 日本は低金利政策や景気刺激政策を続け、 そのせいで景気は過熱し、地価や株価がぐんぐん上がった。しかし、人々は、それが実態とかけ離れたバブルだとは思わなかった。

ただ、90年になると金利が上がり始めたことにより株価が下がり始め、地価も「一生家を買えない」といった国民の不満におされて、政府が土地取引に規制をかけ、下がりはじめ、それがバブル崩壊が始まった。つまり、「失われた30年」の出発点となる。

一つ目の理由はバブルが崩壊し、最初は信用組合や地方銀行の破綻からはじまり、97年には、三洋証券、北海道拓殖銀行、山一証券が相次いで破綻し、日本経済は大ショックに見舞われ、98年には日本長期信用銀行、日本債券信用銀行の2行が破綻した。単独では生き残れないとみた金融機関は合併・統合を進め、何とか生き残った。

こうした金融不安は、金融機関が企業に融資する力を衰えさせ、こうしたバブル崩壊に伴う企業の守りの姿勢は長く続き、需要不足から物価が上がらないデフレ経済に陥り、経済成長率はゼロ近辺を行き来するようになった。

二つ目の理由は、日本の総人口は2008年の1億2808万人をピークに減少しはじめ、働く人の数である生産年齢人口(15~64歳)はそれより前の1995年をピークに減りはじめ、経済成長にとってはマイナスに作用し、働く人が減る分だけ生産力が落ちた。「失われた30年」の背景には、90年代半ばからの生産年齢人口の減少も大きかった。

三つ目は、この間に世界でデジタル革命が起こった。かつて日本は電機産業が強い国で、80年代までは、世界で「メイド・イン・ジャパン」といえば、性能がよくて丈夫な日本製の家電などの代名詞で、また、その部品である半導体の生産シェアは世界でトップだったが、90年代になってデジタル革命がはじまり、95年にアメリカのマイクロソフト社が発売したパソコンの基本ソフトである「ウィンドウズ95」はあっという間に世界に広がり、パソコンが一気に普及し、同時にインターネットで世界がつながる通信革命の幕が開いた。

革命はすごいスピードで進み、アメリカでは、電子商取引のアマゾンが94年に、検索エンジンのグーグルが98年に、(SNS)のフェイスブック(現メタ)は2004年に、ツイッター(現X)は06年に創業し、急成長を遂げ、10年ごろになると、スマートフォンの普及が進み、世界中の人が手元にスマホを持って、コミュニケーションをとったり、ゲームをしたり、写真を撮ったり、動画を楽しんだりするようになった。

しかし、日本はその革命に乗り遅れました。バブル崩壊により縮こまっているうちに、世界のプラットフォーマーの座をアメリカ企業に独占されてしまった。デジタル革命が10年ほど早く来ていたら、あるいはバブルに踊っていなければ、日本がその主役だったかも。

今、日本は物価が上がり、賃金も上がる好循環に入りそうな気配があるが、30年たってようやく局面が変わるのだろうか?(asahi.com

| | コメント (0)

2024/03/01

如月***QBハウス

2024年2月29日(木)

1_20240228175501

QBハウスの「ツキ/1」の100円割引券には---翌月末までのご来店で---とあり、割引最終日はきっと混むだろうと、読みかけの三島由紀夫を上着のポケットに入れて、15分先の店に向かう。混雑を示す赤ランプが点灯しており、店外の丸椅子に腰かけて、ポケットから三島を読みだす。

昼すぎに、従業員一人になり、混雑が増すのだ。平日は引退した高齢者が多く、最近ではお婆も利用しているようだ。独居老人も増えて1250円の料金は魅力だ。・・・わがⅯ婆にも薦めてみたが、たしか2カ月で6千円弱の筈だが、「やぁ~よ!」と生意気にも一蹴された。

彼女は第2号被保険者に扶養されてた第3号被保険者で、自分だけの老齢基礎年金を貰っているので、オイラより金持ちだ。30分ほどの読書で、いつもの注文を出して、10分で刈り終わり、周辺の店をウインドショッピングして、家路につく。

明日から弥生三月か?

| | コメント (0)

« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »