日記・コラム・つぶやき

2020/02/21

如月***初めてのMRI

2020年2月20日(木)

3127b17960b94870bb6d61c131eaa6bb

耳栓をし頭を固定して無意識に目を瞑る。

しばらくして深海にいるような流れる音が聞こえてきた。騒音がすると聞いたがそれほどではない。と思ったらいきなりコンクリートのビルを叩く音がしてきた「ゴンゴンゴン」、木ハンマーが「コンコンコン」そしてインパクトドライバーぼ叩き回して釘を打ち込んでいく「ガリガリガリ」エレキベースが「ビンビンビン」横たわって5分だ。緊張が溶けてきた。

検査を忘れてコンサート会場にいるような気持ちになってきた。無機質な多様の打楽器がイヤホンを通して聴こえてくる。次にはどんな展開になるのかリラックスして最後まで楽しんだ。

「終わりましたよ!」「耳栓を取りましょう、ゆっくり起き上がって下さい」と声が聞こえた。カプセルから地上に出た感じだ。30分経ったようだ。

***MRI検査中の騒音は強い磁場とラジオ波の作用により人体を構成している水分(水素原子)の情報を読み取り画像化するもの。
装置にはコイルが巻いてあり、そこに「電流」を流すと「磁場」と「磁力」が発生し、検査では発生した磁場だけを利用したいが、どうしても磁力が発生しこの磁力が装置のコイルを伸ばしたり縮めたりして振動させてしまう。この振動する音が騒音となって聞こえる原因で、更に検査中は磁場を発生させる為のスイッチのオン・オフを高速で何回も繰り返すため 騒音も連続する。
時間がかかるのは、人体は 70%の水分で構成されていて、その水分から情報を読み取り何回も重ね合わせ画像化する。読み取る情報は膨大であり、撮影する部位によって撮影条件や撮影方向を変えて更に何種類も撮影するが精度の高い画像を撮影するためには時間がかかる。しかしMRI 検査は骨や空気の影響を受けにくいため、神経や脊髄、脳や筋肉などの軟部組織も詳細に診断するのに適してる。***

次週に検査結果が担当医から説明があり、脳内の梗塞状態が 陽性状態で無い事を祈る。受験結果待ちみたい。

| | コメント (0)

如月***喧嘩が絶えない

2020年2月18日(火)

E6f60fc671c44b2d9ac953b1f203080e

クリスマスローズが蕾を膨らませてきた猫庭も、下は萌えてきたが、視界に映る景色はまだまだ茶色の世界だ。

晴れて気温が高いと外がいい。机横の掃き出しのガラス越しの朝陽が誘う頃、家人が出かける様子。「オイラも連れてって!」と一緒に外へ出る。特段の目的は無いが、街をぶらりするのにジジイだけだと不審がられそうなので、一緒に行くようにしている。

家人からはよっぽどじゃないと誘われない。あーでもないこーでもないと面倒らしく、嫌われてるようだ。  買う気は無いが駅ビルのショップに家人を誘導して見て歩く。今も昔も自分で着るものは買う。昔、家人に買ってもらったセーターを余り着なかった事を機に、お互い自分のモノは自分で買う事に決めた。

出先でもう一緒にいる必要が無くなる頃には「フリータイム」を宣言して別行動や「解散!」宣言することが多い。理由はオイラの我儘で、ジッとしていられない性分で、喧嘩が絶えない。

従順でない家人と我儘なオイラに共通項は4人の三世達だけだ。それだけで繋がっている。趣味も何もかも合わない。TV観賞も合わないので、家庭内別居の態だ。   それなのにもう50年も連れ添っている。

| | コメント (0)

2020/02/13

如月***酢卵

2020年2月12日(水)

1edee140e5af47dd8ecb14c328ca36c9

今日も朝から太陽がガラス越しに入ってくる8時、暖房効かせた部屋で先ずは血圧を測る。朝は高く1回目は147/88、2回目131/86 を血圧手帳に書き込む。1月21日から測っていて、自分のパターンは朝高く夜は低い事がわかった。

先月の新年会(かつての仕事仲間との)で、オカモッちゃんが血圧125だと聞いてびっくり、血圧薬も飲んでいないと言い【酢卵】というものを飲んでいると言い、作り方を教えてくれた。生卵を酢に漬けて置くだけというので、その翌日試してみた。

新年会の翌実の1月17日、空き瓶に洗ったなま卵を殻のまま入れて卵が漬かるほどお酢を流し込み、冷蔵庫に入れる。夕方、見ると泡が立って卵から泡が出ている、「すごい、もう反応している。」翌日、その翌日も観察する。

ネットでも【酢卵】を検索すると一発でヒットしたので、熟読した。やはり効果あるらしい。楽しみになってきた。四日目頃に見ると殻が変になってるので、ほぼ四日目くらいなので取り出して箸で殻をつまむと、する~っと殻が取れた。殻を取りだし空いている急須で濾してみると黄色い酢卵が出来上がった。

においをかぐとやはり臭い、ちょっとスプーンで飲んでみる、不味い。予測通りだ。早速夕食時の味噌汁に大さじ一杯を入れると、それほどの不味さはない。これで血圧の薬を飲まなくていいならベストだ。一日の目安が大さじ三杯だという。もともと酢ものは嫌いじゃないので続けられるだろう。

10日くらいで消費するので、昨日3回目の【酢卵】を開封した。2回目以降は飲みやすい《リンゴ酢》に替えた。飲み始めて一週間目の平均血圧は朝143/夜123,二週間目は朝140/夜121そして先週は朝138/125の結果だ。なんとなく効果が出てきそうな予感がしてる。そろそろ4回目を仕込もうか。

| | コメント (0)

2020/02/12

如月***2月のきょうは何の日?

2020年2月11日(火)🎌

Bfe4b876488d4875b74b8c93e5bf702f

オイラの記憶には紀元節が浮かんだ。ただ年寄りたちがそう呼んでたからだ。

戦後生まれで、大人になりかけた大学生の頃の2月の祝日と言えば,0211紀元節だった名称が替わり昭和41年【建国記念の日】になった。当時その意味も知らむまま休日だけを享受していた。

夕食の時、中3と高3の家人に今日は何の日?と聞くと「建国記念日だよ!」と答えた。昔のオイラよりまともだった。いやみなジジイのオイラは知ったかぶりしてno!正確には『建国記念の 日』だよ。と言い勝手に説明する。

実をいうと、オイラもよく知らなかった。神武天皇が即位した日が紀元前660年1月1日(旧暦)を新暦換算し2月11日とした由来だった。が正確ではなく日本神話なので【建国記念 の日】にしたという。

神武天皇から126代の現天皇まで2680年血縁で続いてる君主国家は無いというから驚きだ。これも島国ならではの所以か?

| | コメント (0)

2020/02/11

如月***日本酒がいい

2020年2月8日(土)

2d942e69f235479b84c4ccc3d80e2398

先月の神保町での飲み会で、たわいもない無駄話と魚と酒を飲んだ際に6種類ほどの地酒を飲みその旨さが後を引き、以来、日本酒コーナーをめぐることとなった。

当日の帰りに銘柄のメニューを撮ってきたので、飲んだ銘柄をイオン、ヨーカドー、そごう等で探すが売っていない。とりあえず、売っている醸造酒と純米酒とある300㎜瓶を300円代で買い夕食時に飲みくらべてみた。家人二人にも意見を聞くことにした。最初の醸造酒は「うすぅ-い!」といい、後の純米酒は「うん、こっちは甘い」と言い、オイラもほぼ同感だ。値段は「うすぅい」と言ったほうが少々高い。

ネットで銘柄を調べてみると、寫楽、手取川けっこう高く、どこでも売ってないことが分かり、一合700~1000円するのもうなづけた。ついでに醸造酒と純米酒なども違いを調べてみた。醸造酒には、醸造アルコールが加えられているが純米酒にはそれが無い。「うすぅい」のはこのせいか?、でも高いのはなぜか?調べるうちにいくつかの要素で味と値段の違いが分かった。

まず米が良質(山田錦100%)米か?掛率(米を磨いてより芯にする割合で70%より50%)が決めてなようだ。それを基準に選んでこのところ毎日飲んでいる。かつて出張先の新潟で知った越乃寒梅と八海山の300㎜の普通酒を500円弱で飲み比べてみた。今まで飲んだ中では旨い。

翌日、八海山の精米比率55%の特別本醸造の四合瓶を買うことに決めた。これが人気なのがよくわかった。値ごろだからだ。次には一升瓶にしよう。

| | コメント (0)

2020/02/09

如月***メール119番

2020年2月6日(木)

5c486e4b22bc4ce097125f7c572a2f01

先日の難聴4級の叔母のサポートの窓口が市の支援科だという事を知り、最近よく行っている図書館併設の区役所に出向いた。激寒で風が強い日になったが、中は快適空間で後ろにいるおばあさんは居眠りしてる。

これは《メール119番》で聴覚障害者でメールアドレス登録者を対象に携帯メールで市の消防局に救急や火災の緊急通報ができるサポートで、代理人での届け出も可能なら、今まで放置した状態を解決しようと窓口に来た。結論は、代理でも大丈夫との事だ。ただ申請して直ぐ携帯電話で送受信して登録完了なので、携帯電話と障害者手帳を持参する必要があるとの事。

問題は緊急発生時に発生して83歳の叔母が、メールを入力して送信がスムースに出来るかだ。先日訪問時に本人の携帯電話番号を聞くと「わからない、自分の番号がどこにあるのか分からない」との返事、操作を教えたけど、果たして登録しても使えるのかなぁと思った。

因みに65歳以上の高齢者のいる世帯について平成27(2015)年現在全世帯(5036万1千世帯)の約半分の47.1%を占めていて、わが家のようなような子供との同居率をみると、昭和55(1980)年にほぼ70%であったものが、平成27年(2015)年には39%となっており、割合は大幅に減少している。

2020年の独居老人は男性約217万人、女性約450万人と高齢者人口に占める割合は男性13.9%、女性21.9%とさらに増える予測で心配だ。3人の子を持つ叔母家は徒歩20分で駅に着く距離なので、子らも家庭持ちなら家に入るなり、引き取るなりすればベストだと思うけどねぇ。

結局、みんな自分のことで精いっぱいなんだろうな。

| | コメント (0)

2020/02/07

如月***エコー検査

2020年2月5(水)

Oip

頸動脈エコー検査の結果は、ほぼ当初通りの結果で、左の血管に硬化が見られるも、即手術で取らねばならぬほどではない所見だった。

ただ、脳内の細部の状態がCTデータでは判明が出来ないのて、MRI検査して全く問題が無いようなら、薬の服用と頸動脈エコーでの定期健診でいいし、脳部での異常が見られるようなら、カテーテルでの除去か、手術での除去かを判断すればいいとのことで、MRI検査を受けることにした。

嬉しいのは、ランニングとか山登りとかの運動は全く問題ないとの事。もうもうしばらくは日赤と付き合うこととなった。

| | コメント (0)

如月***ジュンコ叔母とハピー

2020年2月4日(火)

50395d5573544ff98795b0e289edb018

ひと月ぶりのハピーだ。今日のハピーはオイラがいつも座る椅子に居た。理由は直ぐそばに電気ストーブがあるからだ。オイラをジロリするが退かない。ジュンコ叔母が無理やり退かすが、一旦退いてオイラが座ると椅子の隙間に潜りこむ、ハピーはもうオイラの存在を気にしない、遠慮も無くなったようだ。

可愛いいね!4時間も居たけどずーっとオイラの後ろでぐーたらしてた。

| | コメント (0)

2020/02/05

如月***お気に入りの図書館

2020年2月3日(月)

Fbb781f8a65d42a1b1042abd92eeed04

午後三時過ぎ、家人と分かれてお気に入りの図書館に向かう。夕方の図書館だがここはまだまだやってる年中無休、朝9時〜夜9時までの最新の図書館だ。普通とはまるで違う。朝から結構な市民が来ているのは、ゆったりと広い空間で空調も暑すぎず寒すぎない環境で、ありとあらゆる場所にテーブルや椅子がふんだんに置いてある。朝早い爺婆の読み物コーナーもほぼ満席、ガラス越しに北東の樹々が眺められて読書できる椅子の数々だ。

爺婆が帰る昼どきからは、家事・を終えた主婦が参道横のカフェでのランチ後に、雑誌を手にして読書と少々の居眠る場所に。そして学校帰りの小中学生が仲間たちと図書館下の大空間で、語らい、笑ってる。夕方からは、高校大学生や社会人が調べもの。と作業デスクを借りての自分スペースに。

画期的なのは、人を介さず図書カードで処理が可能だ。借りる本は読み取る台に置くだけでレシートが出る。返しは入り口の滑り台から流すだけ。借りデスクは図書カードのバーコードを読ませ、画面の空いてるデスナンバーをタッチし時間をタッチしレシートを発行し該当デスクで作業だ。凄いね!誰とも口を聞かずにマイペースで利用できる。

明日は朝から行こうか?ダメだ、明日はジュンコ叔母に逢う日だ。

 

| | コメント (0)

2020/01/31

睦月***標準的でいい

2020年1月28日(火)

24b2a41c250a4145b84055ae2ea44843

同居家人の子,オイラの孫たちのダブル受験が完了した。

本人達の志望校どおりで高三の男子は工業大学へ12月に早々に決めて、中三女子は先日決まりすべて良しでダブル受験が完了した。両親とも特に父親は熱心に子供たちと関わって学校見学会も同伴したくらいだ。予定通りで安心しただろう。いい両親だ。

オイラが3人娘の受験生の父親だった時はそこまで熱心じゃ無かったので大違いだ。母親がしつけの緩い公立嫌いで何故か皆んな私立女子高だった。それも難関でなくいわゆる単願というやつらしい。その後 短大、大学に進み今は三人とも夫と子を持ち,幸せそうに暮らしている。

長女は育児や家事が好きでその通り専業主婦になったが、次女は中学時分から勉強が嫌いだったが,なぜか介護系が好きで国家資格の理学療法士となり医院に勤務している。家政大学を出て絵や織物が好きだった三女は学生時代のアルバイト先に就職して結婚、育休後も復帰して仕事を続けており、長女も今では教育資格を活かしパート教師として小学校に勤務している【標準的】な共稼ぎ家庭だ。

とりあえず三人とも難解な受験戦争に参入することなく、分相応で【標準的】な受験と進学を終え、人生の伴侶と子を持った【標準的】な人生を得て現在に至ったことを幸せと思い、未だ次女の小学二年と三女の小学一年生らの子どもらの進路を見守って欲しいと願うばかりだ。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧