ランニング

2024/04/21

卯月***ダイエット菜花ラン

2024年4月20日(土)

Photo_20240421132001

菜花みちだあれも誰も通らないオイラにとってはマラソンみち   与野凡夫

ふと街のウインドに映るデブを見かける・・・それはオイラだった。たしかにこの数週間の運動と言えば「息切れする」と言い訳をして、「ウオーキング」というより、「散歩」で胡麻化してるうちに、2キロ増え、3キロ増えも、ランニングをしないまま「デブ」化してしまった。

今朝、前屈伸したら、両手がつま先まで20㎝しか届かず、これはヤバい!と、普段やらないストレッチを入念に行い、ランニングスタイルで外に飛び出し、強めのウオークで2㌔先のバイパスへ向かう。

側道の目印を決めて、全速力でランする。《ゼイゼイハーハー》と息切れするも、ウオーキングで息を整え酸素を補給する。そして、全速力でランする。2キロ先の三橋公園からバイパスから鴨川沿いの菜花道へ移動して同様にインターバル走を繰り返す。人も疎らなまだまだ主役の菜花みちを《ゼイゼイハーハー》言いながら、《ダイエット、ダイエット》とつぶいて。休むことなく繰り返して。来た道を戻る。

シャワーを浴びて、タニタに乗ると。2キロ減、《ヤッター!、ダラ歩きは駄目だ》それにしても「菜の花はまだまだ元気だな~」

| | コメント (0)

2024/04/11

卯月***花見ラン&ウオーク

2024年4月10日(水)

Photo_20240411140101

やっと晴れた!

毎年この時期は 最長のさくら並木を10キロ先の見沼女体神社を往復するのが、ルーティンだ。

さいたま新都心街cocoonシティを東の桜まつりの造幣局から見沼用水西縁へ出る。大崎の浦和レッズの桜を観ながら芝川土手へ出る。すぐに目に飛び込むのが黄色の菜花群だ。久しぶりの青空に映えた黄色が嬉しい。片道の終わりは見沼氷川公園で、花見客があちこちでシートを広げてお昼をとっている。

園内をひと回りして女体神社からは、温暖で今日は風も止んだせいか、高齢の花見客が途切れずに、くねくねった見沼用水路の桜みちを通って新都心街へ戻る。

ほぼハーフマラソン距離の20キロ強を終えて、自宅で遅い昼食を摂ってシャワーを浴びると、久しぶりのインターバル走で、ハムストリングが筋肉痛だ。まだまだ、ランは息切れする。

| | コメント (0)

2024/02/12

如月***息切れ

2024年2月11日(日)🎌

Photo_20240212161701

中日は【建国記念の日】が日曜日とダブるので、三連休になった。温暖な午後強めのクオークとかあるいジョグを試そうと、久しぶりにランニングシューズを履いて、郊外のバイパスコースに向かう「あれっ!」岡田屋が開いてない、貼り紙をに閉店と記されている。野菜中心の安い店が売り物だたけど・・・、

休日のバイパスに通じるおよそ2キロのひろ~い道路のひろーい歩道に行き交う人は疎らだ。なのでウオーク&ジョグには最高のコースだ。術後の傷のため、散歩しかしてなかったが、そろそろ、ちょい走りでもと、数十メートルゆっくり走ってみた・・・がすぐに息切れてしまい、「ぜ~ぜ~は~は~」だ。胸の手術の影響が出て、呼吸が術前に戻っていない。いや戻るのか?

呼吸法は、腹式呼吸と胸式呼吸の2種類で、胸式呼吸とは、肋骨同士の間にある肋間筋を用いて肋骨を上げ下げすることで、肺を横に広げていくように膨らませる呼吸法で、胸式呼吸の場合は口で吸って胸が膨らみ、運動している時などい行われる呼吸で、

腹式呼吸の場合は鼻で吸ってお腹が膨らみ、就寝中などリラックスしている時に行われ、心拍は穏やかでゆっくりとしている。多くの新しい酸素が体内に取り込まれることで、内臓周りだけでなく全身の細胞に酸素が行き渡って、デトックス効果や血のめぐりが良くなる効果が期待できる。という。

このところ【腹式呼吸】を心掛けている。それは【胸式呼吸】の3〜5倍程度の酸素を体内に取り込むことができるといい、息切れが改善されるかの知れないと、「鼻呼吸腹式」を心掛けている。

あした12日は「さいたまマラソン」で、当初短距離ぐらいは走れると思ったが、叶わなかった。残念だ。写真は第1回の東京マラソンだ。

| | コメント (0)

2023/11/16

霜月***27キロ荒川散歩

2023年11月15日(水)

Ssjpg

寒いけど無風で浅くもりのの午後、長めの散歩に西の大宮バイパスへ向かい、荒川沿いにある運動公園の土手に上がる。180℃に広がる視界には残念ながら富士山も正面の秩父山塊も、右手の群馬の山塊も見えず、多少の期待も外れてしまい、ならば、鬱蒼と茂る、森林に覆われた秋ヶ瀬へ向かう。

秋ヶ瀬に向かう高い土手からはそれを越えるものは無く、左下では大久保浄水場が、遠景左方には東京スカイツリーがかすかに望め、まさに空中散歩してるようだ。「カッ!カッ!カッ!」と後ろから女性ランナーがキロ6分の速度で追い抜いていき、右手からはエンジン音がどんどん大きくなって、秋ヶ瀬橋下のバイクのレース音だとわかり、観に行こうかと思ったが先が長いのでやめて、秋ヶ瀬橋を横断する。

横断した鴨川土手を南区役所あたりから右に下って秋ヶ瀬公園の森林部に入るともうそこは、一気に先日山行した大岳山のトレイルのような、山のなかに入りこんだような景色が続く。公園入口からは東に外れたあまり人が近づかない奥まった場所のせいで、今日も行き交う人は皆無だ。いつもどおり「野鳥の森」のサインへ進む。

曇で鬱蒼としてるので、小動物と出会わないかと期待しながら静かに歩を進める。「カサッ!」と音がしたので、立ち止まる。「カサッ!」と爺ぃが藪から出てきた。な~んだぁ小便でもしてらしい。その先の先で、公園道路に出て、サクラソウの田島原横の荒川へのさくらそう水門を越えて、彩湖畔へ降り,湖畔をひとまわりして、帰路に着き27キロの長い散歩を終えた。さすがに足裏が痛い。

| | コメント (0)

2023/11/05

霜月***黄葉始まる

2023年11月5日(日)

Pssjpg

折角のランニング日和の午後からあまり行ってない北へ北へと歩を進めて上尾の田舎道を夕陽を頼りに、ウオーク&ランをしながら、上尾バイパスに合流し、帰り道の花のメッカの花の丘公園に寄り道するも、芝生だらけで花は季節外れのバラのみでがっかり。

そして、定番の三橋公園まで戻ると、やっと「秋」が「黄葉」があった。夕方4時過ぎで遊びに来たファミリーが引き上げている。けっこうなロングでストレスが発散できた。今日の走行距離は23キロ。

| | コメント (0)

2023/11/02

霜月***10月「足習い」総括

2023年11月2日(木)

1102ss

大会名 走行距離 走行回数 総合順位
2023年10月 248.5Km 34回 20位/87人中
今年通算 2,213.9Km 310回   

先月のウオーク&ランニングの「足習い」はご覧の通り大宮から燕三条あたりまでの248㌔で、20位とまあまあだったのは、暑い日が多かったが好天気に恵まれて、1日に2度走りした日もあったからだろう。

1月からの通算では北海道稚内から九州鹿児島までの距離2213㌔になった。年内には奄美大島あたりまでは行けそうだ。いや、12月4日から大手術入院2週間があるので、無理かも・・・。

| | コメント (0)

2023/10/26

神無月***200キロ

2023年10月26日(木)

231026

夕方の4時半、村上春樹の「ダンス・ダンス・ダンス」の下巻を読みふけてたら、いつのまにか4時を過ぎていた。荒天なら夕方ランニングは止めて、続きを読んだのに・・・。薄いミックスのA型(AB×O=姉BでオイラがA)が顔を出し、ルーティーンは守らなきゃ!と言われそうで、着替えて外に出る。

東南の空にいびつな十二夜の月が出ている。あしたは新暦の十三夜だ。この時間の月はいいよね。信号待ちには月を見る。三十分前にはまだ夕方だったのに、もう夜になった。6キロの走りで10月累計で200キロになる。前ほど速くは走れないが、それでも家でじっとしてるより気分爽快だ。

明日は、東の見沼だんぼでも大回りしようか? いい天気なら・・・本を置いて。

| | コメント (0)

2023/10/24

神無月***東京ラン渋谷~

2023年10月24日(火)

Photo_20231024202301

風もなく絶好のラン日和に午後いちで埼京線に乗った。「次は池袋~」だが、今日は「渋谷」で降りることにした。工事中のなかハチ公広場を見ると「えっ!平日のはず」なのに満タンの人出の広場、しかも5割は外国人それも多国籍人であふれていた。

道玄坂へ向かうが50年前と景色が違い、右手に上り坂を探す。目印はストリップ劇場だ。「あった!今は道頓堀劇場になっている。その先を左手に進むとjazz喫茶があったはずだが・・・無くなっている。ホテルゾーンだ。「あれから半世紀も経ったしなぁ」とあきらめて青山通りへ向かい、右手に青学をみて神宮外苑にむかう。

「そう、イチョウ並木だ。多少色が変わってるかなぁ」と来てみたら、まだまだ緑全開のままだった。残念!閑静な赤坂御所から迎賓館脇をとおり四谷駅前から麹町そして半蔵門~内堀通かr靖国神社、神保町、お茶の水、神田明神まえから秋葉原だ。ここでも大混雑の主役は多国籍人でいっぱい、線路沿いに逃げてやっとゴールの御徒町。

外苑からしっかり走って、汗びっしょり、電車でGO!だ小一時間を村上春樹を読みながら終点だ。5時半、いい時間だ。シャワーを浴びたい!。

| | コメント (0)

2023/10/03

神無月***冬準備

2023年10月3日(火)

Photo_20231003180201

窓を全開すると、ちょっとひんやりの気持ちのいい朝の空気が部屋に入り込んで、「年中こんな朝だったら・・・」と思いながら、猫庭に出る。水場のバケツに昨日剪定したトネリコの枝葉が水気を無くして萎びている。ついでにやり残した枝葉も始末して、ビニール袋がいっぱいになった。

もうこれからは成長も止まって、冬準備だ。午後からは行きはバイパス沿いを走り、折り返しのヤマダ電機からは、近くを流れる鴨川ぞいを走ることにした。昨日の芝川は雑草始末の業者が作業していたが、ここ鴨川はまだのようで、オイラの背丈ほどに伸びきった、セイバンモロコシ(西播蜀黍)が壁を作っている。

幸い平日の午後で、だあれも通らないので、ちょうどいいランニングコースになった。昨日も走ったので、筋肉がランニングになれたようで、いいリズムで12キロを走り終えた。

| | コメント (0)

2023/10/02

神無月***シーズンイン!!

2023年10月2日(月)

3_20231002212401

気温も下がりやっと「マラソンシーズン」に入った。

午後、図書館に辻仁成の文庫の返本したあと、3キロ先の大宮第三公園南端に着く、一周1.5キロのジョギングコースが設えてあり、散歩やジョギングの市民が利用している。広々として、草地が多い、個人的には秋・冬向きの公園で、以前から利用しているコースだ。

並行する芝川土手から駆け下りて、久しぶりに走ることにした。1キロ当たり7~8分のジョギングで、前を走る中高年の後をついていく。彼は4分半くらいのスピードなので、どんどん距離が広がる。数年前なら無理して離されないように走るのだが、今日は《は~は~ぜ~ぜ~》しないよう、リズムいい息継ぎのマイペースでいこう。

2周目に、オイラより小さい女子が追い抜いていく。中高年よりペースが遅い6分くらいだろうか。今度はオイラも少々走るリズムを速めて、女子との距離を維持していこうと思いながら、歩を進める。・・・少しづつ息が切れてきた。無理はやめておこうまだ病み上りで、しかも呼吸器手術後1カ月だ。

2周ほどして第二公園へ移動して、氷川神社に出て、参道経由で市街地を抜けて約11キロの行程で、自宅に戻る。途中「さいたまマラソン」のポスターが眼に入った、公式ランは引退したけど、短い8キロでも走ってみるか?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧